上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年は昨年よりグッと気温も低く雨続きの冷夏でした。

そんな夏の終わりを告げようとしている頃、超短期間ではありましたが、1匹のフラットコーテッドレトリバーの預かりケアをしました。

大柄の男の子で、何だか哲学者のような、、、ちょっと犬離れをしていると言うか、、、とても不思議な仔でした。

pi-

去勢手術が終わり、家に連れて帰って1日目。

「これは、やばいっ!!」

女の感が働きました。

pi-
pi-

可愛い・・・そんなことではなく(確かに可愛いのですが)

初、、、預かってまずかったかも?!と正直思いました。



預かって2日目。

どこからどう見ても長年一緒に生活を共にしている犬と、その飼い主の娘にしか見えません(・・・あらら

駐車場まで歩くその距離でご近所さんに言われました。

娘を介助して歩く私と娘と、そして彼を見て

「わぁ~、やっぱり長い間一緒歩いていると、息がぴったりね。」・・・と。

・・・ご近所さん、この仔ティアラじゃないんです。預かりっ仔でまだ生活して2日目なんです。(とも言えず)

後ろ足が悪い彼を、りーたんが気遣う。自分で歩けないりーたんを、彼が気遣う。

そう、息がピッタリすぎる。たった2日でね。



彼が来て3日目。

何がしたいのか?何が言いたいのか?  りーたんには全て分かるそうな。

・・・だろうね。

傍から見ていて分かるもん。




「あ、今回こんな言い方よくないけど、失敗したかも・・・」

初めて、そう思いました。

お互いの思いやる気持ちがピタリと重なりすぎて強すぎる。


お別れのときに車が出た後、久しぶりに声を上げて号泣し、

「ピーちゃんはりーたんの犬」

と、この活動の意味が分かっている彼女が、涙を流しながら言った言葉。


pi-


お~いピーちゃん・・・・幸せに、極上幸せになるんだよ。

お姉ちゃんは、いつも同じ空の下から貴方を想っています。







私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
2014.09.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/694-b015b834
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。