上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月28日早朝5時に繁殖場にてブルセラ症陽性の子達119頭が殺処分されました。

これが最善の方法だったのでしょうか?

この子達は何のために生まれてきたのでしょうか?

・・・最悪の結果です。
ブルセラ

この子も・・・
ブルセラ

この子も・・・
ブルセラ

この子も・・・
ブルセラ

今は、この世にはいません。

理由なく殺された陽性犬の冥福を祈ります。

まだ終わりではありません。陰性の子達が残っています。この子達も、いつ陽性の疑いがかかるか分かりません。また殺処分になりかねません。

御意見、要望のあるかたは下記にメール、電話を。

大阪府メールアドレス
 webmaster@sbox.pref.osaka.lg.jp

環境農林水産部動物愛護畜産課
  Tel:06-6941-0351(内線 4658・4659)
  メールアドレスdobutsuaichiku@sbox.pref.osaka.lg.jp



スポンサーサイト
2007.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/63-dc062975
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。