上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ティアラ

ご心配頂き、ありがとうございます。

コメント入れて頂いた皆様・・・ティアラ、昨日午後に退院しております。

予後も特に問題はなく(術後なので貧血はありますが)家でのんびり休ませています。








参考になればとティアラの胃捻転の場合の症状と対応を記載しておきます。



7月29日

18時頃・夕食

19時頃・一度嘔吐
(特にきつい臭いや色の吐しゃ物ではなかった。)

20時頃・何となく落ち着かない様子

21時前・吐こうとするが吐けず。
(ウロウロしだす)

この時点で、夜間救急動物病院へ

特にお腹が脹れているとも感じず(胸が深い犬種なので、初期の段階では変化が分かりにくいのかも?)

家から車まで歩いていける。

22時頃・夜間動物病院(獣医師3名・看護師4名)

前に3人患者待ち。

待合室にて獣医から「元気そうですね」と一目見て言われる。

レントゲンを撮る。血液検査実施(数値に問題なし・避妊済みか?フィラリア陰性か?現在服用している薬はないか?を聞かれる)

胃捻転であった為、緊急にオペ準備。

ティアラを固定し針を刺しガスを抜く。

準備中(腹部バリカン・カテーテル留置・静脈点滴)に再度吐こうとするも出ず。

緊急を要する為、承諾書を書く間に獣医も術着に着替える。

状態の説明(書面記載)
・リスク高い
・衰弱

23時30頃・胃捻転手術・胃固定開始

7月30日
1時30頃・手術終了

オペ時間通常1時間から1時間30分。
ティアラの胃の捻れが通常とは逆方向だった為2時間。
脾臓周辺のダメージもなく手術は成功。(開腹した際、脾臓周辺に目で確認できる腫瘍があれば切除しようとの獣医の判断でしたが、腫瘍もなく胃捻転・固定で終了)

2時頃・麻酔から覚める。
心電図装着・術後の不整脈が出る。

5時・救急が終了の為、帰宅。
抱えて車に乗せるつもりだったが、ヨタヨタながら歩く。

5時30頃・帰宅。

7月30日
9時・一番地くのかかりつけの動物病院へ入院。

「最低3日間は入院して集中治療かな。」とのこと。

7月31日
不整脈の症状もなく峠は越したとの連絡。

8月1日・13時すぎ退院。


実はティアラ、ワンワン五月蝿すぎて、声が出なくなるんではないか?全然安静に出来てない、、、とのことで、1日に鎮静剤を打たれ、家の方がゆっくり休めるだろうとの判断で

うるさいので退院させられました(笑)

「今にも走り出しそうです、、、いや間違いなく走り出しますが、胃も固定してますし癒着するまで最低2週間は走らないで下さい。」

だそうで、、、

ジェントルリーダーがいらない程度の引っ張りで(どんだけ元気な婆さんなんだ)

無事帰宅しました。




現在気をつけていること


早食い防止フード食器を買い(ビビも)、食事も水もその食器で対応。

以前から、個別で食べさせ、食後はゆっくりさせていたものの、怖いので一層目を離さず。

フードは、完全にふやかした状態で対応。(手作り食とフードの対応)

サプリ対応を今後予定。

食事は一日2回から、今後は3回に分けて対応。


今回感じたこと

大型犬は倒れた時に、運ぶのが大変なので、いざというときにカートがあった方が対応しやすいかと(我が家にはコストコ購入のカートが一台あります。)

アイアンバロンさんのハニカム抱っこマットも購入しようかと予定してます。

夜間救急の獣医が若い先生でしたが、診察判断また胃捻転の手術を数多くしていたので心強かったこと。(4日前にもスタンダードプードルの胃捻転をオペしたとのこと)

かかりつけの獣医にも言われましたが、おかしいの直感は絶対信じるべきだと。






以上、胃捻転は時間との勝負です。少しでも参考になればと思い記載しました。














東日本大震災・被災犬「ビビ」の里親募集


私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2013.08.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/626-611e06c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。