上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
胃捻転とは

犬の胃の病気の中でも胃拡張と胃捻転は緊急性が非常に高い病気で、そのままにしておくとほとんどが死亡する病気です。


犬の胃拡張は主に食べ過ぎ、胃の中にガスと液体が溜まることで発酵することが原因でひきおこされます。食べ過ぎでなる胃拡張は若い犬に多く、ガスなどが溜まる胃拡張は高齢犬・老犬に多くおこりやすいといわれています。
胃拡張になると胃が異常に大きくなり、胃に血液が流れにくくなってしまいます。
当然、犬の胃に酸素などが回らなくなって循環不全を起こします。


犬の胃捻転は食餌をガッツリと食べる犬種に多くおこります。それも早く食べてしまう早食いがちの犬にです。食後に大量の水も飲む場合にはなおさら注意が必要です。
特にドライフードを食餌で与えている場合の食後のガブ飲みはよくありません。
食後すぐの運動も胃捻転をおこしやすいのでいけません。
胃捻転になると、胃の中の発酵したガスが胃の一部をねじるように回転してしまう状態のことをいいます。犬の胃拡張同様に血流を妨げるので危険性の高い病気です。


症状

犬の胃拡張や胃捻転は主に大型犬に多くみられ、特に高齢犬・老犬になるにつれ目立つ症状です。
ガッツリと早食いするため多くの空気も一緒に飲み込みます。そのため胃の内部にガスがたまり、愛犬は腹部がふくれて苦しそうな態度をとるようです。
胃拡張の場合は、水を大量に飲んだり、たまにゲップや嘔吐する症状があらわれます。嘔吐物は黄色っぽいものが多いようです。


胃捻転の場合は吐く姿勢をとっても吐けない場合が多く苦しがります。
まれに嘔吐するとその嘔吐物はコーヒーのように茶褐色で悪臭がします。
次第に元気がなくなり食欲低下お起こします。また、よだれを大量に出すこともあります


診断と治療・予防法

胃拡張なのか胃捻転なのかは症状からははっきり断定できません。そのためX線検査をして区別をすることになります。
胃捻転であればすばやく外科手術をおこなう必要になります。


早期の治療をしないかぎり犬の多くは死亡します。緊急性の高い病気の代表格といっていいでしょう。
胃拡張の場合、輸液をおこない胃の中のガスをチューブや針を使って抜きます。
胃捻転の場合は開腹をして症状の部位の捻転をもとの位置にもどす手術を行います。犬の状態にもよりますが、手術には大量の輸液をおこないます。さらに心臓の働きが悪くなって不整脈をおこしているケースも多く、血液が全身にうまく循環していない循環不全を起こしているケースも多く、その治療も同時に行います。


犬の胃捻転は発見の時期が肝心で、時期が遅くなってしまえばしまうほど死亡確立が急上昇する恐ろしい病気です。

特にシェパード、コリー、ボルゾイなどの胸が薄くて胃が深い場所にある大型犬によく見られる症状です。また、小型犬・中型犬のダックスフンドやペキニーズ、コッカースパニエルなどにもなりやすい病気だと言われています。
食餌を旨そうに食べたなっと思ったのに急に元気がなくなった場合は、この病気を疑ってみてください。


予防法としては食餌をゆっくり食べさせる事が必要です。それでもガッツリ早食いしてしまうようだったら、食餌の量を数回に分けて与えるようにします。また、食後に大量の水を飲ませないことが必要です。
さらに、食後は運動をさせずに極力安静にさせましょう。
ドライフードの場合はあらかじめお湯などで柔らかくして2〜3粒づつ食べさせることから始めてみてください。


胃捻転になりやすい犬種

グレート・デーン
ジャーマン・シェパード・ドッグ
ドーベルマン
グレイハウンド
ボクサー
ボルゾイ
セッター種
レトリーバー種
ダックスフンド
コッカー種
など
ダックスやコッカーなどの小型や中型の犬種でも見られますが
圧倒的に大型犬がなりやすいと言われます。



参考に

手術~低い治癒率
 この病気(病気というよりは事故のようなモノ?)は、発見次第緊急で開腹し、胃内のガスを抜く事と周辺諸臓器の生存性を確認します。
 とある病院でのこの病気の治癒率は悪く、脾臓融解などの内臓組織の損傷がある一定を超えたケースでは助けた事がありません(その状態での来院がほとんど)。
 教科書的には、15~68%の死亡率であるとの記載もあります。

 この病気で助かるためには、飼い主さんが捻転直後のイヌさんに気付き、迅速な治療が行う事が出来た場合に限られるようです。

 胃が捻転すると、胃の内容物がどこにも流れなくなります(吐き出す事も小腸側へ流す事もできない)。
 この時、胃内に住む細菌は胃の内容物を分解して大量のガスを発生させます。
 胃は大きく膨らみ(突然お腹が大きくなったのが見えます)、周辺の臓器を巻き込みながら後大静脈などの太い血管の血流を止めてしまいます。
 内臓の諸臓器が、ちょうど首を絞められたような状態になり、周辺の臓器(特に脾臓)への血流が止まり臓器が死んでしまいます。
 最後は心臓に影響が出ます。
 いわゆるショック状態です。
 捻転発生後短い時間経過で不整脈が多発するようになり、苦しみの中で死んでしまいます。

 残念ながら、手術等により胃を整復した後でも、十分な時間が経過したケースでは血行不良により脾臓、胃、小腸、腎臓、心臓などの組織が死に絶えてしまい、予後不良となります。
 例えば、脾臓の場合であれば、正常に比べて遙かに大きくふくらみ、血管の中で血液が固まっているのが観察されたりします。
 また、血流が改善する事で、死にかけていた体内各所の臓器に蓄えられたエンドトキシンや乳酸など(毒です!)が体内を駆けめぐり、胃を正しい位置に戻した直後に心臓が止まってしまう事もよくあります(再還流障害)。
 すこしでも時間が経つと非常にやっかいな状態になってしまうのが、この病気の特徴です。

 逆に、助かる場合では、緊急で開腹し、胃内のガスを抜いた僅かの間に脾臓や腸の血行が良くなるのが分かります。
 こういうケースは非常に稀ですが、飼い主さんがこういう病気がある事を知っていて、あわてて連れてきてくれた場合が多かったように思います。




ティアラ

我が家のティアラ、

昨夜、夜間動物病院にて、胃捻転の為、緊急手術で開腹しております。しかも捻れが通常とは逆方向だったようでオペに時間がかかりました。

夕方の食事の後に一度嘔吐し、それから、吐き気を催すも出ないのが一度あり、

何か絶対おかしいと直感し、救急に直行しました。

私にこの病気の知識が頭の片隅にあったこと、ティアラが老年齢ながら血液検査がパーフェクトだったこと、

何よりも一番は早くに受診したことで脾臓のダメージがなかったこと。

予後の不整脈も現在落ち着き、多分峠は越したかと。

明日は、くしくも、恒例の車椅子で海水浴。ティアラが一番楽しみにしている行事でもあるのですが、、、現在、里帰り中のナッティーが代役でティアラの代わりをしてくれるかな?(お爺ちゃんのバブとルジェはトリミング・リックさんでお留守番)

早く帰っておいで、ティアラ。みんな待ってるよ。







東日本大震災・被災犬「ビビ」の里親募集


私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2013.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/625-9f41c141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。