上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

rujye

 吾輩(わがはい)はルジェである。本来の名前は忘れた。

 どこで生れたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。何でも2年も前の東日本大震災で右往左往していた所だけは記憶している。


rujye

ようやくの思いで被災地を離れ、その日が来た。吾輩は一台の車の前に坐ってどうしたらよかろうと考えて見た。

別にこれという分別(ふんべつ)も出ない。

しばらくすると非常な速力で何やら走り始めた。

書生が動くのか自分だけが動くのか分らないが無暗(むやみ)に眼が廻る。胸が悪くなる。

吾輩は胸も悪けりゃ、下も怪しくなってきた。

そうこうしてる内に、ゆるりゆるりと速力も落ち、車はとある所へ止まった。

「あら、いらっしゃ~い」

とある女が吾輩に親しく話しかけてきた。

 それから、往く十日が過ぎ、

「新年の御慶(ぎょけい)目出度(めでたく)申納候(もうしおさめそろ)。……」

新年が明け、我輩の銀の色に映し出される白髪もだいぶ多くなってきた。

吾輩は御馳走(ごちそう)も食わないから別段肥(ふと)りもしないが、その日その日を暮している。

欲をいっても際限がないから生涯(しょうがい)この家(うち)で終るつもりだ。

かくして吾輩はついにこの家(うち)を自分の住家(すみか)と極(き)める事にしたのである。






東日本大震災・福島原発地域20キロ圏内から保護されたルジェ・ビビ。

我が家で過ごすこと、今日で3年目を迎えます。

当時、頭から尻尾まで下痢まみれで到着し、様態の悪かったルジェは緊急入院しました。

体重は19キロ。骨格標本が歩くかもような姿に両頬から流れでる血膿、強烈な耳の異臭にカクカクな歩き方。

今でこそ、「綺麗なラブですね~」と動物病院では声をかけられるものの、当時は異様な(苦笑)姿に皆さんおののき、声もかけてもらえませんでした(苦笑)

「今、死んでどうすんの、あんたっ!!」

、、、と励ましの?言葉を浴びせられ、何とか幾度のピンチも乗り越え、病気のデパートながら老犬ながら日々、御機嫌にすごしております。

血膿噴出す、尿漏れ多少、心臓悪い、股関節ギシギシ、両耳つぶれ、悪いとこだらけ。

悪くないのは顔と性格だけ(笑)

そして私はこの2年ちょとで、そこらの獣医には負ける気がしない程の、ルジェの医療行為の腕を上げました(笑)そりゃ、そうよね、毎日針ぶすっと注して洗浄してるもん(笑)


極上に性格の良いルジェ、これから先も我が家で好きなように過ごせばよろしい。













東日本大震災・被災犬「ルジェ&ビビ」の里親募集


私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2013.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/623-a0243d98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。