上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
死者1万5881人(宮城9535人・岩手4673人・福島1606人)



2011・3・11東日本大震災でご逝去されました方々には、心よりお悔やみ申し上げます とともに、被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

そして、動物達の小さな命達にも黙祷。




東日本大震災

東日本大震災











それから、個人的な想いですが、

福島県・浪江町に住んでいた、黒ラブの「アンディ君」

2年経った今でも、貴方を見つけてあげられなくて本当にごめんなさい。

アンディ

お父さんも、お母さんも、お姉ちゃんもあなたの事を、とても愛しています。



我が家の被災犬「ルジェ」が、「アンディ君」ではないかと問い合わせがあり、

昨年4月に確認の為、福岡まで御家族でいらっしゃいました。

福島から遠い福岡まで、それはアンディ君ではないか?、、、生きていて欲しいとの希望であり、

家も津波で流されたので、これで・・・と区切りをつける為の来福であり、

私は、御家族に上手く心を癒せる言葉も出てきませんでした。



被災地の動物情報は全て目を通すようにしています。

こちらである被災地の動物に関する写真展など、出来る限り足を運んでいます。

そこで展示されている写真の背景に写りこんだ小さいそれらしき子でも尋ねるようにしています。

そこにあるファイルも全ページ、チェックします。


些細な情報で構いません。

2年経った現在、再度

「アンディ君の情報を求めています」


アンディ

福島県・浪江町

ラブラドール・レトリーバー

11歳・男の子







最後に・・・

福島県・南相馬市

小高区で保護された

愛してやまない「ルジェ&ビビ」


あれから2年の月日が経ちます。

貴方達が保護された南相馬市では631人の方が亡くなり、未だ行方不明の方が7人いらっしゃいます。

家を軽くのみこむ程の津波が押し寄せ、

大きな地震で足元は揺れ、

やがて人は消え、

食べるものはなく、

変わり果てた町中を彷徨い歩いたことでしょう。




沢山の命が消えていきました。


偶然にも助かった命。

保護されるまで、一緒に頑張って生き抜いてきたんだもんね。

これからも、2匹一緒に

ゆっくりと、ゆっくりと毎日を過ごしていって下さい。


ルジェ・ビビ


・・・そして私は、

これから先も自分に出来ることを続けていきたいと思います。











東日本大震災・被災犬「ルジェ&ビビ」の里親募集


私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2013.03.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/600-0495df97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。