上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
シャイン・オン!セラピードッグ・プログラム

http://www.tylershineon.org/ja/

日本の子ども病院における、初の常勤セラピードッグ・プログラムです。

当プログラムは、2010年1月に静岡県立こども病院で開始されました。タイラー基金は、アメリカで子犬の時から1年半の訓練を受けたセラピードッグと、トレーニングを積んだハンドラーを派遣しています。病院という、犬にとってストレスの多い環境に適応できるセラピードッグを育てるには、子犬の頃から適性を厳しくスクリーニングし、高度なトレーニングプログラムを持つ施設で訓練する必要があります。しかし、そのような専門的な施設は現在日本にはありません。そのため、タイラー基金はセラピードッグのベイリーをアメリカから呼び寄せました。

さらにタイラー基金は、小児病棟で勤務経験のある看護師、森田優子をベイリーのハンドラーとして採用し、トレーニングしました。ボランティアの方でなく医療経験のある看護師を採用することで、病院内におけるリスクを最小限におさえ、患者のご家族や医療スタッフにも安心していただくことができます。また、森田の看護師としての経験が、動物介在療法に関するデータの収集と実践に役立ちます。


プログラム概要
ゴール : 治療成果を上げること、および子どもたちの治療や療法への前向きな姿勢を促すこと。
ニーズ : がんやその他の重い病気の治療を受ける子ども達は、過剰なストレスを抱えています。セラピードッグは、辛く困難な道のりに耐える子ども達の心を癒し勇気を与える役割を担います。
内容 : 日本初の、小児病院における常勤の動物介在療法
プログラム
リーダー : 森田 優子
期間 : 2010年1月、静岡県立こども病院で開始


現在、平成24年7月より、神奈川県立こども医療センターで勤務しています。


ベイリー






セラピードッグを常駐させるという、日本初の試みを取り入れた静岡県立こども病院。ゴールデン・レトリーバーのベイリーはセラピードッグとして、入院中のこどもたちの検査­や手術に同行し、時には一緒にベッドで寝て、子供たちのつらい入院生活を励ましている。ベイリーの活躍とこどもたちとの交流を描いた、感動のドキュメント。








セラピードッグ「ベイリー」と交流のある、知り合いから、ずっとベイリーのことは聞いていました。(ベイリーも素晴らしい犬ですが、その方も私は尊敬しています。)

私の携帯にも、その方から送られてきた、数年前「ベイリー」の画像が保存されています。

我が家の名ばかりの一応セラピードッグ・ティアラ(AAA)とは、月とすっぽん、、、いや、月とすっぽんぽんな程の違いのベイリーですが(苦笑)



まだまだ日本では、セラピードッグが病院に派遣ということ自体が、海外のようには浸透しておらず、ベイリーのような活動が、日本でもよく目にするような光景になればいいなと願っています。

・・・というのも、

先日12歳になった、我が家の一人娘りーたんは、幼稚園に入学するまでは、喘息発作で入院は月に一度のペースで、

そして、病名がなかなか確定しなかった彼女は、度々検査入院をしておりました。

特定指定大学病院での入院生活は、とても閉鎖的で、、、って当たり前なんですが、外界との生活を完全にショットアウトされてしまいます。

長い闘病生活の子供さん・親御さんも多く、無菌病室は防護服のような完全服でないと立ち入れないし、食事の食器も病室の入り口の長方形の穴からの出し入れを強いられます。

夏の時期に、窓から見えたヒマワリを幾度も幾度も眺めました。

その当時、旧病棟だったので、生活空間は、私とりーたん2人で食事も寝るのもベッドの上だけでした。

あまりの退屈さに、病院の売店で、九州怨霊マップなんて本を買ってしまいました。(夜中にトイレに行けなくなりました)

MRIを撮るのに、無理やり眠剤を入れ、無意味なハイテンションになる彼女を病院中ぐるぐる眠るまで歩き続けたり、

このyoutubeでも出てきますが、骨髄を採取するのを診察室の前で待っていましたが、子供の髄液摂取は圧の関係で麻酔なしで行う為、りーたんのうなる声が外まで聞こえてきました。局部麻酔をした大人でも髄液を採るのは、かなりの痛みが伴うそうです。

手の平から、手首から、小さな血管に何度も針を刺し、血液をしょっちゅう採りました。

目のオペもしています。



入院生活は長くなればなるほど、子供の精神的な負担も大きくなってきます。

こんな時に、ベイリーのようなセラピードッグが一時でもいるだけで、病院生活も、子供達の心の負担も、付き添っている親の不安も軽くなってくるのではないでしょうか?

セラピードッグ活動をする側として、また、小児病棟での経験をした側として、

ベイリーのこれまでの素晴らしい活躍が、これから先の日本でのセラピードッグ活動の前進になり、大きく実を結ぶことを願っています。






ドッグセラピーには、「AAA」「AAT」「AAE」の3種類がある。

AAA(Animal Assisted Activity)は動物介在活動と訳される。 治療という目的を持たずに、犬とのふれあいを楽しむ活動を中心としたレクレーションのことで、動物とふれあうことによる情緒的な安定、QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動。一般にアニマルセラピーとよばれる活動の多くはこのタイプである。老人ホームの訪問活動などが知られており、犬と触れ合う環境を創出することで心理的な好影響をもたらすとされている。ある程度定型化された活動であり、一度に多数の参加者を対象と出来るのが特徴である。

AAT(Animal Assisted Therapy)は動物介在療法と訳される。 AAAとの大きな違いは、人間の医療の現場で、専門的な治療行為として行われる動物を介在させた補助療法であること。対象者の心や身体のリハビリテーションなどの治療を目的としている。医療従事者の主導で実施する。精神的情緒的安定、身体的機能、社会的機能の向上など、治療対象者の状況やニーズを把握した上で個々の改善目標を定め、適切な犬とハンドラーを選択し治療を実施する。治療後は治療効果の評価を行う。この為AATに従事するセラピードッグ及びハンドラーは2年以上の訓練期間を要する。[1]

実際に実施する際には、治療対象者が「犬好き」であることを前提として、医師や精神科医、作業療法士、理学療法士などの医療従事者とセラピードッグハンドラー及びボランティアが連携して対象者に合わせたプログラムを作成して実施する。厳密には「ドッグセラピー」といえるのはAATだけであると言ってよい。

AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育と訳される。 幼稚園や小学校等に動物と共に訪問し、正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えている。

セラピードッグとは『触れ合いや交流を通じて、病気やケガまたは精神的な痛手を受けた人の不安を減らし、気力を高め心と体を少しでも本来の働きに近づける為に高度な訓練を受けた犬』[2]のことである。AAA、AAT、AAEにおいても、対人コミュニケーションの十分な訓練が行われているのはもちろんだが、それぞれのプログラムに沿った役割が担えるような訓練が信頼できる機関で十分に行われている必要がある。犬種の制限はないが、「AAA」「AAT」「AAE」活動において共通するのは「優良家庭犬協会」[3]の認定レベルが最低条件である。更に「AAT」については忍耐力も要求される。このような理由から、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーなどの大型犬が採用される場合が多い。














私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2012.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/569-349ef7bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。