上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
vivi

ビビは、1年経った今でも、夢でうなされます。

ハッとしてパニックになったりもします。

ラブ特有の人懐こさは皆無。

信頼した特定の人にしか懐きません。

vivi

ビビが受けてきただろう心の傷の深さからすれば、たかだか1年で、それは当たり前かもしれません。

vivi

そんな彼には、他の子と比べ物にならない程の素晴らしい才能があります。

観察力も洞察力もするどく、自分でとことん考えます。そして、自分で判断します。

繊細で感情表現も豊かです。

vivi

ルジェの付き添いで、ほぼ毎日通っている動物病院の自動ドアを、いつの頃からかタッチして開けてくれるようになりました。

教えてもないのに、見よう見まねで出来るようになりました。


vivi

vivi

本日の動物病院での出来事です。

命が尽きようとしているワンコの飼い主さんと待合室で一緒になりました。

愛犬の処置中、飼い主さんは涙が止まりません。



その光景を一部始終見ていたビビが動き出しました。

少しずつ少しずつ、ゆっくりと飼い主さんの側に行きます。

じっと視線を見つめたまま、動きません。

飼い主さんはビビの頭を撫でて、

「優しい子だね。・・・この子は全部分かっている。」

と、涙を拭いました。




初めて会う人の側にいく。

頭を撫でさせる。

人の手の動き、足の動きが怖いビビには、本当に勇気を振り絞った行動だと思います。

ビクついてぎこちない動きでした。

でも、どうにかしたいとビビ自身が考えてとった行動です。



満点です。

いや、120点です。

ビビは素晴らしい最高のラブラドールです。





追記

昨日のワンちゃんの様子が気になり、今日診察の時に獣医に尋ねてみました。

3ヶ月前に癌になり、あっという間に全身に転移し、頑張って闘病生活をしていたそうです。

肺にも転移が診られ、呼吸がとても苦しそうで、飼い主さんの「もう十分頑張った」との判断で安楽死をさせたそうです。

虹の橋を渡っていった、あの子へ・・・ビビから追悼の意を込めて。






私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2012.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/564-c35ad62e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。