上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
rujye

貫通している頬の噛まれ傷とは反対側です。

昨年突然こぶになり様子をみていたら、数日前気がつけば、あっという間に腫れ上がり破裂しそう・・・

局部麻酔にて切開し、溜まっていた膿を取りましたが、、、何じゃこりゃというようなゼリー状のものがドロドロと。

病院から帰宅して夕方、ボタボタ血が落ちる落ちる。

というわけで、コレ

rujye

おされな負傷犬バージョン

収縮包帯は迷彩バージョン

rujye

最初はモソモソしておりますが

rujye

「ちょいと、そこの娘さん、この包帯を取って下さいませんか?」

rujye

直ぐに慣れます。

・・・というより、るーちゃん本当にお利口さんだし、なかなか、こんなに性格いい子はいません。

皆が口を揃えて「本当にいい子」と言います。

だから尚更、過ごしやすく生活してもらう為、何とか治してあげたい!!

画像で分かりにくいかもしれませんが、貫通傷、預かって7ヶ月、、、初めて穴が塞がっています。

「嗚呼、こんないい子を噛んだ犬が恨めしい~~。」by獣医

と獣医師が悪戦苦闘しまくって、やっと本当にやっと膿も垂れずに塞がっています。

ただし、まだポケットがある為、処置の際には注射針で穴を開けて薬剤を注入しますが、、、完治しそうです!!

rujye

そして現在25・58キロヽ(^。^)ノ

来た当初は20キロ。

もうすぐ26キロ、夢の25キロ超えました

思わず動物病院で歓喜の歓声上げました

「やったぁ~~!!、何処のお利口ちゃんなお子ちゃんかな~るーちゃんは

の馬鹿さ加減に、

「いやいや、ほんとですよ。るーちゃんは本当にいい子ですよね。」

と付き合ってくれる獣医&スタッフさんに、勿論差し入れ持っていくさ(笑)

rujye

東北大震災から、今日で11ヶ月。

あの大きな揺れと、津波で、ビビはまだしもルジェはよく生きていたと思う。

たまたま津波が押し寄せない所にいたのか?

それとも偶然助かったのか?

本犬しか分からないところだけれど、

この未曾有の大震災をよく乗り越えて、本当に頑張ったと思う。


そして、ルジェがいなければビビは保護出来なかっただろうし、保護できぬまま餓死しているか、今も彷徨っているかもしれない。

万が一保護できていても、ビビだけなら、噛む子になっていたかもしれない。

ルジェは、人員が足りないシェルター暮らしでは、今生きていないと思う。


それを改めて考えると、パンクしているシェルター暮らしの被災犬が、1頭でも多く家庭に入りケアされることを、心から願う。







私も現在メンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単体種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
2012.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/516-36395fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。