上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回の「セラピードッグ」の続編?!です。

そもそも7.8年前、こちら福岡では当時では、まだまだ認知度の低い「セラピードッグ」を何故知ったかというと・・・




hdf
http://www.hotdog-family.com/


現在ティアラがセラピードッグとして活動している、ホット・ドッグ・ファミリーの代表と知り合いになり、その活動に感銘を受けた




・・・とは聞こえがいいけれど(苦笑)

「うん、私もする!!」

と何気なく言ったのが最初(苦笑)

そして、偶然にも管理センターで収容されている1匹の犬に目が留まる。・・・それがティアラ。

そこから、全くもって躾のしの字も入っていないティアラを、まず松岡訓練所に預けた。

犬との暮らしは長いとはいえ、初の大型犬。しかもテンションマックスのフラット。

・・・素人の手では負えないレベルのティアラを預けて正解だったと今も思う。

そこから、私の意識も徐々に変わりつつあった。

「りーたんと一緒にセラピードッグ活動をさせてみたい。」

そんな想いが募っていく。

自立歩行が出来ない、りーたんは、どうしてもボランティアを受ける側の立場にいる。

セラピー活動でティアラとなら、りーたんがボランティアを提供する側に立てる。

りーたんの学校には、様々なボランティアさんが何らかの行事であったりと数多く来る。

そんな数々のボランティアを受けているからこそ、私には分からない視点で提供できるのではないか?とも思っている。

現在は、活動現場では私がハンドラーで、りーたんがハンドラーではないが、車椅子の彼女が、その場にいることで、お年寄りの方々には、ちょっとしたりーたん効果なるものも見られる。

りーたんの車椅子を押したくて、普段歩かないおばあちゃんが歩いたり、りーたんがリハビリをしていると知ると、自分も休まずに行こうと言ったり、、、、

・・・要は、りーたんには、勉強は出来なくとも、人の痛みが分かるそんな人間になってもらいたいし、多くの人に接してももらいたいし、広い世界を知って欲しい。





「セラピードッグ」

この活動に向いている犬は、、、

「人が何より好き」それが大基本だと思う。

私が、今まで多くの犬を見てきて、抜群に向いていると思ったのは、

fcr

http://fcrlovers.web.fc2.com/

現在、私が保護活動していてメンバーである、ラバーズの最初の預かりっ子

「ナッティー」

natty
natty

彼女は、肝も据わっているし、明るいし、とにかく優しい。(パン泥棒するけど

人の心の動きに敏感で、嬉しい時には、ここ一番ではしゃぐし、

哀しい時には、側に寄り添って、アイコンタクトをし続ける。

・・・と、ここまで素晴らしいワンコだったので、預かり当時りーたんのクラスメイトが亡くなり、精神不安定だった、りーたんにはナッティーの力を多く借りました。

(歳はとっておりますが(笑)ルジェも向いてます)




ラバーズだけでも何頭もの保護犬を見てきましたが、、、

個人放棄されたり、管理センターに収容されていたりと、決して恵まれた生活をしてきてなかっただろう彼らは、どの子も皆一様に優しく良い子で、、、、どうしてこんなことになっているか?

正直、私が分からない。




「セラピードッグ」

ティアラが引退した後も、私自身は、保護犬からセラピードッグを誕生させるつもりでいる。



今は、、、

ティアラとりーたんの未来への挑戦を見守っていきたいと思う。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2011.12.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/501-57cf4525
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。