上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



先日、間接的に相談を受けていた。

おじいちゃんが亡くなって、おばあちゃん一人になったから、犬を飼ってくれる人がいないかと。

犬は柴とスピッツのミックス。年齢は11歳。

おばあちゃんには噛まないらしいが、隣の人には噛んだと。

年齢的にも里親さんを探すのは厳しいし、噛むこなら絶望的。

正直、私は個人の放棄については、あえて言わせてもらうなら、その飼い主自身が責任を持って、里親探しを行うなり、御自分の手で安楽死させるなりの覚悟を持って頂きたいと思っている。

なぜなら、そのこは、まだ住居空間も、ご飯も、死のリミットもない。

そして、私自身、里親探しの方法を教えることは出来るけれど、自分の手元に置く余裕はもうない。




「おばあちゃんの家に行くと、犬がいませんでした。便利屋さんに火葬までしてくれるとこに頼んだらしく・・・」


きっと、管理センターに持ち込んだのだろう。


11歳。

お散歩させなくてもいいし、庭に放してやればいいし、エサを与えてあげるだけでもいいのに。

おばあちゃんには歯を向けないこの子を、11年も過ごしたこの子を・・・



糞ば○あ~~!!・・・と私が叫んだところで、もうこの子の命はないし、、、、

今すぐ、どうのという話ではないのでと、私自身も間接的であったのもあって、このまま飼い続けてあげるのが一番だと人を介して話したところだったのに。



正直、自分自身がやっている保護活動の意味も分からなくなることもある。

一つの命を救っても、こういうケースのように、いとも簡単に命を終わらせる。

管理センターの殺処分が、御自身がどういうことかを理解していても、あえて管理センターに持ち込む。

保護しても、保護しても、終わることのないスパイラル。



最後に、観覧注意と警告されている動画をあえて、載せた。

あまりの残酷さに胸が張り裂けそうになる。

でも、あえて載せたのは、命の重さの意味を知ってほしい、無駄な命にしているのは人間だというのも勿論だけれど、

ペットショップに行く前に、ブリーダーから買う前に、ここの子達にも(保護犬にも)目を向けてあげて欲しいという願いも込めて載せている。


・・・そして、11歳のこの子に、、、本当に本当にごめんなさい。





スポンサーサイト
2011.07.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/461-5c52cf22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。