上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


平成23年4月6日(水)、市民団体と武雄市は、東日本大震災で被災したペットの犬を受け入れる「武雄被災ドッグ(ペット)受け入れ構想」を発表しました。

 武雄市では、3月11日(金)の震災発生直後から、「武雄タウンステイ構想」に基づき義援金の募集や備蓄物資の提供など、被災者、被災地の皆様への支援に取り組んでまいりました。

 そうした中で、ペットを飼っていた被災者の方々が、避難所へのペット同伴を禁止され困っておられること、飼うことができなくなったペットが被災現場に放置され、そのまま命を落とすケースが報じられるなど、ペットを助ける仕組みの必要性が課題となっています。

 そこで、市内のNPO団体を中心に被災した飼い犬の受け入れを行う「武雄被災ドッグ(ペット)受け入れ構想」に取り組むこととしました。

1・被災ドッグを当面100頭受け入れる
2・被災ドッグの里親ボランティアを呼び掛ける
3・期間については概ね1年とする




http://www.city.takeo.lg.jp/gabai_news/2011/04/post-412.html






ソフトバンクの孫正義社長も武雄市長と具体案を詰めています。



孫SB社長と佐賀・武雄市長「雇用や食事1年間保証」福島・田村市


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110323/lcl11032309070001-n1.htm




スポンサーサイト
2011.04.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/424-3baaeafc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。