上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ru

先月レスキューした「ルフィ」

現在、広島の預かりさんの宅で、手厚いケアを受けています。




犬のバベシア症の【症状】
40℃を超える発熱、重い貧血など
バベシア症に感染すると、おもに40℃を超える発熱や重い貧血の症状(息が浅く速くなる、運動するとすぐ疲れる、舌や口の中の色が以前より薄い、など)が見られ、そのほかに元気や食欲の低下、血尿といった症状が現れます。貧血がさらにひどくなると、肝臓や腎臓の機能障害を起こし、命に関わることもあります。

犬のバベシア症の【原因】
マダニの媒介によって、バベシアという原虫が犬の体内に入り、感染する
バベシア症は、バベシアに感染しているマダニに吸血された際に、その唾液と一緒にバベシアという原虫が犬の体内に侵入し、その赤血球内に寄生します(マダニの吸着から約48時間で感染するといわれています)。犬の赤血球内に寄生したバベシアは、次々と分裂・増殖しながら赤血球を破壊します。バベシアは西日本(とくに九州・四国の一部地域から近畿地方まで)の山野に生息するマダニに広く感染していますが、近年、東へ感染地域が広がりつつあります。なお、バベシア症と同じようにマダニが媒介する病気としては、Q熱、ライム病、日本紅斑熱、野兎病などがあります。

犬のバベシア症の【治療】
抗菌剤などでバベシアの増殖を抑え、症状を緩和させる
バベシアを完全に除去できる治療薬はありません。したがって、治療は抗菌剤や抗生物質でバベシアの増殖を少しでも抑え、症状を緩和させて犬の体力回復を待つという方法を採ります。回復したように見えても、無症状のまま原虫が体内に潜んでいる状態となるため(無症状キャリア)、体力や免疫力が低下すれば再発することがあります。

犬のバベシア症の【予防】
バベシアを媒介するマダニの感染を予防する
マダニ予防をしっかりと行うことで、バべシアの感染を予防することが可能です。たとえばマダニの多い山野や河川敷へ愛犬を連れて行く前には、マダニ駆除薬を投与するようにしましょう。また、駆除薬をマダニの活動期(春から秋にかけて)に定期的に投与することも有効な予防法となります。




「・・・正直、昨日は覚悟しました。」

との預かりさんのメールを見て、愕然としました。

こちらで病院にかかった時は、気になる所は数箇所あれど、元気もあり食欲もあり、ワンコ共じゃれていました。



「俺は海賊王になるっ!!」

の漫画・ワンピースの主人公「ルフィ」から命名しました。

・・・大きく強い男の子として、これから生きて欲しいから。


「フラットのパピーですか?」

と聞かれる容姿。小さく、すぐにゴロンとお腹を見せる可愛い子。

ru

右がナッティーで、左が「ルフィ」

ヘマトが10パーセントを切ると、生命維持が困難な状況になります。

ルフィは14パーセント、2日間で3パーセントも下がったそうです。

・・・酷い貧血、食べれない、飲めない、過酷な状態。


預かりさんの御家族が、寝ずに看病して下さっています。






bana-



http://fcrlovers.web.fc2.com/


まだまだ治療が長く続くものと思います。

もしかしたら輸血も必要になってくるかもしれません。

ルフィが十分な治療を受けられるように・・・

ru

頑張れ!!ルーちゃん!!元気になったら必ず、りーたんが会いに行くからね。

スポンサーサイト
2010.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/375-b313d836
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。