上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
arare

それは、

3月で3回忌を迎えた、あられさんの一人息子

、、、「雄大君」に、お線香をあげたい。

arare

彼を知ったのは、りーたんの病名が分かった頃、、、

4年ほど前になるのかなぁ、、、

その頃は、あられさんが書くブログを、ずっと見ていただけで(あられさんが本を出されたので、そちらも買って読みました)あられさんとは、コンタクトを取っておらず、、、

パソコンの不具合で、あられさんのブログが分からなくなり、、、

ふと、mamiさんのブログで「ワンコの里親さんが決まった」と掲載されていて、それが、あられさんでした。

でも、そのときには、雄大君は天国へ。

arare

りーたんの学校に行ったとき、

日常で何もないときにも、

ふと、雄大君の顔が浮かんだりする、私。


、、、正直、後悔しているのです。

生前に彼と話をしたかった。彼の顔が見たかった。彼と時間を過ごしたかったと。




雄大君も、りーたんと同じ病気であろう、脊髄小脳変性症。

誰よりも、素敵な笑顔で輝いていました。



私の想いが強すぎて、文章にまとまりがないのですが、、、


一つ、確実に言える事。

それは、

「雄大君は、あられさんの家族を選んで産まれてきた」

ということ。

そして、

「この御家族だったからこそ、彼の笑顔は輝いていた」

ということ。



「ママさん、かっぱを着て、お線香を、、、」

と言った、あられさん、、、ど天然の大らかで、この人の下にいるのなら本当に幸せであろう、、、と思わせる人物です。


雄大君は、この着ぐるみが大好きだったとか、、、

fan

ここの3ワンコも、どの子も里親募集で引き取った子ばかり。



上のファンファンを除いては、介護が必要な、ワンコをお世話してらっしゃいます。

、、、いや、

私から見ると「お世話」ではないかな。

お世話ではなく、無償の愛情で一緒に生活してらっしゃいます。

don

kou


元気で若い子を、、、という、引取りさんが多い中、いわゆる手のかかるワンコを2匹も家族に迎えてらっしゃる、あられさん一家には、どこまでも表面上じゃない愛情の深さが感じられます。



arare

愛しい我が子を亡くす。




私が、言葉を幾度も重ねたところで、何の力にもなれない。

私が、想いを連ねたところで、悲しみは癒えない。

それは十分に分かっています。



、、、ですが、今回、お線香をあげられて心から良かった、と思いました。





ps

あられさん、パパさん、ご馳走様でした。

そうそう、幸ちゃんが立てないからトリミングを断られたと聞いて、トリマーの資格を必ず取って、私が幸ちゃんのカットをしに行きますから。


そして、快く私たち親子を迎えて下さって、心より感謝申し上げます。

スポンサーサイト
2010.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/336-0c74237a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。