上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨年、大晦日に安楽死をした、亡きクーと出会った、特別な365分の一日です。

クー

ガリガリに痩せた身体に、決して瞳を合わせようとしない意思、人間の手を異常なほどに怖がるハンドシャイ、そして、食物を口にしようとしませんでした。

現在の私の保護活動の始まりも、きっかけも、亡き愛犬クーによってでした。

「飼って欲しい犬がいるんだけど、、」

友人から突如頼まれた13年前の、この日。

友人も、知り合いから、「いらないので、犬を保健所にやる。」との言葉に、慌てて引き取ったのですが、彼女の家には猫がおり、飼えない環境。

そして、私に白羽の矢が当たったのですが、、、

顔も見てない、どんな状態の犬かも、種類さえ、性別さえ知らずに、私の元にやってきたクー。

ただ一つ、分かっていたのは、「クロ」という名前だけ。

クー

極端な人間不信なクーを見て、、、この子は懐かない。

そう覚悟していました。

引き取って一週間、毎日、食べない彼の身体を維持するために、動物病院へ点滴にも通いました。

ばー・クー

お散歩さえ行ったことなのかった彼を、赤ちゃんと同じだと思い、根気よく、お散歩の練習もしました。

、、、今では、懐かしい思い出話です。

fukuhama

どこまでも愛しました。

この子は、私の中で、やはり特別でした。

そんな私の気持ちが通じたのか、彼も私に絶対の信頼を寄せてくれるようになり、ママストーカーでした。

dr

去年の今頃は、肺に溜まった水を抜き、てんかん発作にと、進行する肺がんと闘う日々が続いていました。

私の腕が千切れてもいい、いつまでも抱きしめていたい。

、、、心から思う毎日。

砂時計のように、さらさらと零れ落ちてゆく、命のカウントダウン。

最後の最期まで、私を愛し、りーたんを愛し、他の3ワンを愛した、大きな優しさを持った素晴らしい子でした。

~永遠に愛する・天国のクーへ、、、ハッピーバースデー~
スポンサーサイト
2009.11.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/317-acd5bd13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。