上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ティアラ

みんな


我が家のワンコは、バブを除き、みんな保護犬です。

処分ギリギリだったり、叩かれて心を閉ざしていたり、虐待にあったりと、
言うなれば、一般的に見れば、「難ありとされる子」ばかりです。

ティアラ

保護をする。

里親になる。

・・・引き取ったときは元気だったのに、突然、病気になるかもしれません。

・・・来たときは、おとなしかったのに、酷いいたずらをするかもしれません。

・・・排泄が、上手く出来ずに、床を汚しまくるかもしれません。

・・・ふとした拍子で、あなたを咬んでしまうかもしれません。

・・・いつまでも、おどおどして懐いてくれないかもしれません。

・・・あなたの言うことなんて、ちっとも聞いてくれないかもしれません。

みんな

あなたが倒れた時に、その子の面倒を見てくれる人が側にいますか?

その子が、病に伏して寝たきりになっても、看護が出来ますか?

もし、あなたの子供さんがアレルギーになってしまったら、どうしますか?

今の住居を引越ししなければならなくなったら、その子を連れて行けますか?

・・・何より、その子を最後の最期まで飼うことが出来ますか?

ティアラ

先日のこと。

側に寝ているティアラの、おしりを何気なく不意に撫でました。

彼女は、痛くもないのに、悲痛な鳴き声をあげました。

我が家に来て、4年目を迎えようとしています。

どこか心の奥深くに、呼び戻される怖い過去があることを、未だに感じます。

来た当時は、長い棒状の物を、特に怖がっていました。

それが無くなっても、ふと過去が思い出されるのです。



我が子にするということは、絶対の愛情を持ってして、しかるべきだと思っています。

成犬でも、老犬でも、0からのスタート。赤ちゃんと一緒です。

どんなことでも、受け入れてあげて下さい。気長に考えてください。


彼らは、あなたの笑顔を、より一層輝かせるために、精一杯の愛情を、あなたに向けるはずですから・・・
スポンサーサイト
2009.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/292-043b7dd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。