上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「ハズレじゃないよ。ポッポとアロママッサージ。」
http://dog-aroma.cocolog-nifty.com/relaxationsaron/

の、ゆいなさんが、「DOG FUN」に掲載された、我が家のモナミの介護日記の記事を使って、授業をして下さいました。

・・・そして、

嬉しいことに、生徒さんたちの感想を送っていただきましたので、

少々、抜粋して、紹介を。

mona mi




犬も含めて、生き物を飼うということは、とても大変で、ちゃんとした覚悟がないと、出来ないことです。
普通に、健康な犬を飼うだけでも大変なのに、障害のある犬を飼っているママさんは、とてもカッコイイと思いました。


殺されてしまいそうだった犬や、飼うのに大変な犬の里親になってくれる方も、増えてきていて、とても嬉しく思っているのですが、その反面、犬を虐待したり、飼えなくなったからという理由で、保健所に連れてくる飼い主が、まだ沢山いることが現状です。
これからは、少しずつでも良いので、虐待や、殺されてしまう犬が減っていってくれることを願います。


私の家の近所に、下半身不随のラブラドールを飼っていた人がいて、そのこのことを思い出しました。
その子は、去年亡くなってしまいましたが、私に沢山のことを教えてくれました。いつも家の前にいたので、学校帰りに寄って、沢山の元気をもらいました。
娘さんも、モナミ君に、いろんなことを教えてもらっていると思います。


モナミ君を引き取ることは、簡単なことではないし、大変なこともあると思います。
けれど、犬は、そんなことを忘れさせてくれる位の、笑顔で返してくれたり、喜んで尻尾を振ったり、いろんな形で、愛情表現をしてくれるから、お互いが幸せな環境でいられると思います。
この記事を読み、胸が熱くなったけれど、ママさんのことを知ったことで、自分の考え方が変わった気がしました。
私の家にも、自分で歩くことが出来ず、生まれたときから、寝た状態のままの猫がいます。この子が、これからも、幸せだと感じれるよう、これからも一緒に生活していきます。


下半身不随でも、一般の犬と変わらないモナミちゃんの写真を見て、自然と笑顔になりました。ママさんの子になれて、幸せだなぁと感じました。きっと、散歩で見かけた人も、この記事を読んだ人も、みんながそう感じていると思います。
自分の子も、もし介護が必要になったら、しっかりできるか不安ですが、出来る限りのことを、してあげたいと思います。
この記事を読んで、すごく勇気をもらいました。


ママさんが書いていたように、この世に生を受けた命は、互いに、それぞれがフェアであると、私も思います。どんな命も、みんな幸せになれると思います。


今回、介護日記を読ませていただき、私も最初は、どうしてモナミ君を、引き取ろうと思ったのか、考えてしまいました。しかし、難病がある娘さんがいることや、わんちゃんが好きなこと、生きるということを大切に考えているからこそ、モナミ君と暮らそうと思ったのかと感じました。
何より、ママさんの明るさと愛情を感じました。


ママさんの、命に対する考え方に共感し、私も同じ命を持った動物に、何か出来ないのかなど考えることも出来ました。
そして、体が不自由でも、一生懸命に生き頑張っているモナミ君がいるから、周りの人みんなも頑張ろうと思えるんだろうと思い、また、不自由だからこそ、娘さんと一緒に一歩ずつ前に進めるのかなぁと思いました。





monami
 
ほんの一部を紹介しましたが、、、、

生徒さん、ベタ褒めです(苦笑)





私は、人に尊敬されるような生き方もしていません。
凄いと言われるようなことも、何一つした覚えはありません。
誰かを変える力も持っていません。
決して、カッコイイ人間でも、偉い人物でもありません。

・・・全く、真逆のどうしようもない人間です。

ただし私が、一つだけ自信があり、誇りにしていることは、私自身ではなく、私の愛する子供たちです。

りーたん、亡きクーちゃん、バブ、モナミ、ティアラ。

この子達がいるからこそ、今の私自身があります。

私は、助けているわけでも、介護しているわけでもなく、「一緒に時を過ごしている」だけです。

どちらかと言うと、この子達に支えてもらっているし、助けてもらっています。

・・・そして、日々、何かを教えてもらっています。

その「何か」、を周りに与えているのは、モナミであり、りーたんであり、彼らであり、私はそれを伝える付属品です。

その大事な、付属品という大切な役割を、これからも続けていけたらと思っています。





~何が幸せかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら、峠の上りも下りも、みんな本当の幸せに近ずく一歩ずつですから~宮沢賢治

スポンサーサイト
2009.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/291-329dbeae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。