上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
福岡県太宰府市北谷の犬繁殖施設で、ゴールデンレトリバーやチワワ、ダックスフントなど23匹の犬の死骸(しがい)が放置されていたことが6日、分かった。



敷地内には死んだ犬を焼いた跡があり、生きていた29匹もやせ細り、衰弱していた。

筑紫野署は、動物愛護法違反(虐待)などの疑いがあるとして、同施設を実況見分し、運営していた同県宇美町の男性(49)から事情を聴いている。



ペットショップの店員が5日に施設を訪れ、死んでいる複数の犬を見つけ、ジャパンケネルクラブ福岡県連合会の上村光康会長に連絡、上村会長が現場を確認して同署などに通報した。



上村会長によると、多くの犬は、4棟ある建物内のケージの中で死んでいた。

4匹の小型犬は1枚のポリ袋の中に詰め込まれていた。

ケージの内部は、犬の排せつ物が積もった状態で、悪臭が立ち込めていた。



死んでいた犬のケージに備え付けられていた水の容器はすべて空っぽで、上村会長は「大半が餓死のようだ」と話す。生きていた犬も目がくぼむなど、栄養失調の症状が目立ち、死んだ犬の体重は通常の半分以下だったという。



敷地内には犬を焼いた跡があり、骨がそのまま残されていた。



男性は西日本新聞の取材に対し「老衰などで死んだ犬を10匹ぐらい焼いた」と認め「1人だったので手が回らず、世話ができなかった」と話した。



男性は自宅の住所で動物取扱業の登録をしていたが、この施設の存在は県に届けていなかった。現場は山と田畑に囲まれ、近くに工場や倉庫が数棟あるが、民家はない。



=2009/02/07付 西日本新聞朝刊=




あまりにも、惨たらしく、目を覆いたくなるような事件です。
同じ、福岡で・・・
ちなみに福岡は、殺処分ワースト1。不名誉な称号です。
「命」を、「物」と扱う人の感覚が信じられません。
スポンサーサイト
2009.02.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/255-ab087913
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。