上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、クーちゃんが遺骨となって、我が家に帰ってきました。




この写真は旅立つ朝の最後の写真です。

りーたんが撮ってくれました。

ku-

hana
hana
hana

その日の朝、抱っこして、ベランダで見た、彼の瞳に映った花々です。


一昨日、昨日と夜中も夢で泣き崩れ、起きて「クーちゃんは?」と泣き、まだまだ傷の癒えない、りーたん・・・そして、クーちゃんの匂いのついた毛布から離れようとしないバブ。
この子達の心のケアの、お手伝いをしないといけません。



ku-
私の大好きな、昨年4月に撮った写真です。

・・・私の半生は波乱万丈でドラマさながらの出来事だらけです。
りーたんが産まれる以前にも、現実から逃げたい事の連続で、自ら死を望むことも、しばしばでした。
そんな中、クーちゃんと出会い、彼は全力で私を支えてくれました。
りーたんが産まれ、りーたんの病気で悩む私を、強く守ってくれました。
クーちゃんは、私の心の一部です。
 
クーちゃん、本当に有難う。

おかえりなさい。
スポンサーサイト
2009.01.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/246-2f0dcd4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。