上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
クー
クーちゃんの、その後の病状経過です。

8月23日 心臓エコー、血液検査、レントゲン。
レントゲンにて肺の変形、肥大が見られる。白血球の異常(30500・通常数値6000~17000)
抗生物質を処方される。

9月15日 午前11時 初めての痙攣発作で倒れる ドクターに問い合わせ・もう一度発作が出るようであれば受診をと言われる。

9月16日 午後10時30 二回目の痙攣発作 

9月17日 午後12時 午後2時30 二回の痙攣発作 病院受診にて発作の薬(フェノバール30ミリ)を処方される。血液検査も行う。白血球31200、前回よりも数値が上昇。

9月19日 午後3時30 発作

9月20日より 若干の眼震(眼の横揺れ)

9月24日 極度の眼震および斜頸、歩行困難 病院受診・発作とは関係なく前庭疾患と言われる。副腎皮質ホルモン、ビタミン剤を処方。
     
       前庭疾患・平衝感覚をつかさどる前庭神経に異常がおき、体のバランスがうまくとれなくなります。その為、頭をかしげ、まっすぐ歩くことができなくなります。症状は急にあらわれる事が多く、重症になると倒れたりします。


9月25日 眼震、斜頸はあるものの歩行がマシになる。

10月1日 前庭疾患の薬がなくなるので病院受診。元通りの歩行になりスムーズな動きになる。
前回の、血液検査が気になるとのことで本日採血。また肺の状態を診るためにレントゲン。
白血球が5万台に上昇しているので、明日、肺の組織検査を行う。

クー

推定2歳で、引き取って、現在14歳。
白内障もあり、歯もボロボロです。白髪だらけだし・・・
でも、この子は歳を重ねるたびに、さらに可愛く可愛くなっていきます。
現在は、発作もなく、食欲もあり、ドッグランで皆と自由に歩き回って遊んでいます。
・・・素敵な余生を、毎日を楽しく笑顔で過ごそうね。
スポンサーサイト
2008.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/194-bc677115
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。