上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「WITH」のmamiさんのブログより
http://bellpapi1.blog16.fc2.com/

愛知県犬山在住の方がシーズーの老犬♀体重5キロ前後のおとなしい子を保護されています。

【ふくちゃんを知ったきっかけ】
9月18日(火)の午前中、犬山市上野のコンビニ・サンクスで「迷い犬」のビラを見る。

ビラにあった動物保護管理センターに電話し、その週の金曜日までしか保護されない事を知り、自分のブログで情報提供を呼び掛ける。

ビラを作成した(最近にシーズーを保護した?)人が誰かわからなかったので、保護された詳しいいきさつ等、わからない状態。

自分の連絡先を加えて新しくビラを作り直し、あちこちに呼び掛けてみるが連絡なし。

木曜日にブログをみた方から「うちで引き取ってもいいので一時預かりできませんか?」とお願いされ、一時的に保護する事を決めて動管センターからシーズーを引き取ってくる。

その足で病院へ。
・片目白内障
・もう片方も色素沈着していて両目とも視力なし
・膀胱に大小結石あり
・乳腺に腫瘍が数か所あり
・便検査では虫は見つからず
・食欲もあり、散歩も出来、排泄も普通に出来ます・今は膀胱結石用に1日1回の抗生剤と目の保護の為の目薬の処置をしています。


これで終われば問題がなかったのですが、最初に声をかけてくださった方が、個人的事情により、引き取りができるかどうかわからなくなってきました。
今、預かりをしている方も長期の預かりは無理のようです。
本当に身勝手な話かもしれませんが、どちらの方も助けてあげたいと思った気持ちにはウソはありません。
たくさんの病気を抱えたシーズーさん(ふくちゃんという名前をもらいました)
どなたかお願いできないでしょうか。
緊急SOSです。お願いいたします


バナー





りんりんみるく
バナー

http://plaza.rakuten.co.jp/mablehome/

浜松で100匹あまりのワンコレスキューが何年か前にありました。
この崩壊現場にビーグルの「りんちゃん」はいました。

りんちゃんは当時、チェリーアイ、フィラリア陽性、僧房弁不全弁膜症、肺動脈、フィラリアの死骸癒着による貧血、祖形ヘルニアと沢山の病を持っており、なかなか里親さんが見つかりませんでした。
そんな中、りんちゃんの里親さんになってくれた、りんみるさん。


フィラリアのせいもあり心臓も良くありません。もちろん治療費もかさみます。
生きたいと頑張る、りんちゃんに、りんみるさんは少しでも治療費の足しになればとワンコの洋服を作っています。

・・・どうぞ皆様、御協力をお願い致します。


スポンサーサイト
2007.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ricarica.blog77.fc2.com/tb.php/105-c3624e1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。