上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
現在、福岡地方では

「1リットルの涙」が再放送されています。

初めて放送された時は、見るには見たけれど、

脊髄小脳変性症を告知された時の重さや、りーたんがこの先感じるであろう思いや、どんどん進行していく病状の様なんかに
ドラマと自分たちが置かれている状況がリンクしすぎて正直今一上の空であるような、そんな感じでした。

rica

脊髄小脳変性症には沢山の型があり、現在治療法のない、進行性の難病です。

理研、小保方氏がスタンプ細胞はあります!!なんて発表した時には、ついにきたか!!と、ちょっとだけ期待しました。

・・・ちょっとだけというのも、小脳の細胞が徐々に破壊されていくこの病気で画期的な治療法が見つかったとしても、脳という部位の為、身体の部位でいうと試されるようになるのは一番最後であるかと。

その段階に行き着くまでに、果たしてどれくらいの時間がかかるのだろかと・・・

りーたんの型は

アプラタキシン欠損症といって、神経内科の医師でも知らない医師も多く、患者数も少なく、ましてや子供では、病名が分かった当初、主治医から多分子供では日本で3人と言われました。

情報すらない、症例もない、進行性の病。

私の気持ちも追い詰められていた時期もありましたが、いつしか今日のこの時間を大切にしようという気持ちに変わり、

そして、りーたんも中学生になり、

昨年、光文社さんからのオファーで、娘と犬とのことが本になりました。

そして、脊髄小脳変性症の娘さんを持つお母様からメールを頂きました。

同じ福岡、そして先月亡くなったそうですがラブ飼いさんであったこと、娘さんが私と同年代であったこと、

それから、7月には九州4頭目になる介助犬をパートナーにされるということ。

この介助犬リバーちゃん、実は、数年前にふくおか愛護フェスで会っています。

介助犬のデモストレーションの為に会場に来ていました。

そして、理事長さんにお願いして、少しだけ触れ合わせて頂きました。

リバー

夏にお会いする約束をしています。









りか

娘は生まれてから一度も自分の足で自立歩行をしたことはありません。

毎日生活するにあたって、常に誰かの介助を必要とします。

萎縮している小脳の症状により、手も震える為に、小さなマスに文字など勿論書けるわけもなく、大きなマスでさえミミズの這ったような文字しか書けません。

言葉もスラスラではない為、「ん?何て言ってるか分からない?」なんてことも、しょっちゅうです。

例えば

家庭訪問→かていもんもん(でも、ちょっと何か楽しそう(笑)

カフェ→カペ(だいぶん田舎くさい(笑)

my neme rica→マヨネーズりか(ま、そこそこ通じそう(笑)

welcome→ウェル カモ~ン(これはわざとだろうけど、相当歓迎されている感じ(笑)

ま、そんな状況も、

何かあれば、そっと力になってくれる沢山の我が家の犬が居て、

毎日キラキラしていて、日々楽しそうに過ごしている彼女を見て、

難病になったのは不運ではあるけれど不幸ではなかった。と思えるようになってこれたことに、

そして、こうして沢山の素敵な方達に出会えたことに、とても感謝しています。



・・・明日も素晴らしき一日でありますように。










私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
2014.05.30 / Top↑
babu

私が生涯、きっと最後であろう子犬から育てた仔です。

18歳を過ぎました。

昨年末、前庭疾患になり、首は傾いてますし、全盲です。

でも、こうやって自分でとぼとぼながら歩いています。

娘より付き合いが長く、

誰よりも深く長く付き合ってきた仔です。

babu

歳を取れば取るほど愛しさも日に日に増し、

バブがいてこそ、無類の老犬好きに。



先週末から、変な咳が出るようになり、咳き込むようになり、

もしや水が溜まっているのでは?と思い、病院へ。

レントゲンも撮りましたが、肺・心臓に異常なし。

只今、抗生物質投与中で、病院通いです。

ご飯の前に煩く張り切るバブが静か。

「いらない」・・・らしい。

食べないことが一度もなかったバブ。

今日の晩御飯のささみと鹿肉ソーセージは食べてくれましたが。



老犬ホームとなっている我が家。

誰かかれか病院にかかっています。

勿論、それも踏まえて、そういう仔の里親になっています。

ただ、どうしても、例えば学校の行事だとかの出事があるときは、やはり体調の悪い仔を家に誰も居ない状態で置いておくのは心配です。

そういう時は、我が家はリックさんに預かってもらっています。

老犬ホームでない皆さんも、何かのときに安心して、見てもらえる誰かや何処かを見つけておくことは必要なことだと思います。





・・・好きな物だけ食べましょうかね、バブ。








私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









2014.05.27 / Top↑
ゴールデンウイークに

4月21日に虹の橋を渡って逝った

くろっぺ。

kuro

kuro

彼もまた8年前の大雨の日に「トリミング・リック」さんが保護した犬でした。

もちろん成犬だったので、

15、6歳だったのではないかと思います。

いつも我が家の子達と一緒にドッグランで遊んでいました。

今まで、来た保護犬全ての子達ともトラブルも起こさず穏やかに接してくれた仔でした。

特に老犬会メンバー「バブ・ルジェ・くろっぺ」3匹が仲良く、連なって歩く光景が日課でした。

晩年の彼の目が私はとても好きで、いつも間にか何となく我が子同然になっており、ショックも大きかったのですが・・・

kuro

この日は、我が家に咲いていた薔薇を持参して、くろっぺの話を沢山して、

美味しい料理を、昨年、本を出版したときに写真を撮ってくれたmasaくんが作ってくれ(料理人です)

リック・スタッフさん達に

美容室STRAWBERRYのスタッフさん達、しつけ教室の先生と皆で

彼を偲びながら、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

因みに我が家の犬も皆参加。

kuro
kuro
kuro
くろっぺは、「死」を完全に理解できる年齢になった、りーたんに生きることの大切さを身を持って教えてくれました。

最後、寝たきりになった彼を見て、頭をなでながら涙ぐむ、りーたんに

「命が大切なのが良く分かるやろ?」

と言うと、

何も言わず、うなずき、ずっと、くろっぺを撫で続けていました。
rujye
そして誰よりも満喫していた、ルジェ。

ゴールデンウイーク前に、すっかり食欲が落ち、病院のお世話になり、

ここでポテトを貰い御機嫌に。

まだまだ、くろっぺの分も生きなきゃ駄目なんじゃない、あれ食べない、これ食べない、我がまま言いませんるーちゃん。





くろっぺ~~、クーちゃんとモナミに会えた?

皆に宜しく。

それから、ちょっとだけバブちんの事、力を貸して。









私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2014.05.27 / Top↑
4月16日

ラグが我が家にやってきた日です。

・・・あれから4年目。

子供が生まれたし、アレルギーかもしれないし、手に負えないとの理由で個人放棄されましたが、

私が言うのも何ですが、どの仔とも仲良くなろうとする、とってもイイ子です、彼。

リックさんの保護犬で仲良しだった、くろっぺが亡くなってから、こうやってルジェの傷を労わる様になりました。

優しい仔です。彼には、りーたんの成人式を祝うように任命してあります(笑)



血統書も持参してきたので、正式な誕生日も分かってはいるのですが、我が家恒例、うちに来た日もしくは譲渡してもらった日が誕生日ってことで、

4月16日が誕生日です。

今年10歳。

シニアですが、、、、我が家では若手です(苦笑)

rag

rag


そして、

ティアラ

5月16日に誕生日を迎えました。

今年で9年目。

おそらく13歳前後の年齢かと思います。

彼女は私が個人的に管理センターから、殺処分ギリギリだった所を引いてきた仔です。

シャンプーでは、途中で座り込むようになりました。家で一度横向きになると、なかなか起き上がれなくもなりました。

白内障の目薬も流石についていけなくなりました。グルコサミンのサプリも老いる時間の流れには勝てなくなってきました。

昨年、セラピードッグを引退しました。

・・・ですが、我が家のボスとして現役です。多分生涯現役です。

私の保護活動の右腕として(非常にきつ過ぎる教育係ですが)来る保護犬を全てまとめてくれています。

まだまだ私も彼女の力を必要としています。

長生きしてね。

tea

tea









私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2014.05.27 / Top↑
久しくブログを放置

その訳は・・・・



アンティーク物にドハマり中でして


ダニエル

きっかけは、偶然覗いたリサイクルショップでの

この「ダニエルちゃん」


幼少期、外で遊んでばっかりで真っ黒だった私は、勿論、人形遊びなんかすることがなく、

40を超えて、人形に興味を持つという、かなりの遅咲きでして・・・・



ビスクドール(顔と手足が陶器の人形です)を置くなら、やっぱり部屋はアンティークにしたい。


ps
蝶々の標本は、実はペーパークラフトです(本物の標本なんて嫌なんで)

minmin

たまに泊まりに来る猫(リックさんの保護猫みんみんです)には、額縁でキャットタワーを作りたい。




・・・てなわけで、何から何までガラリと変えて、

アンティークショップを覗き、

蚤の市で掘り出し物を探し、

ボンボン時計まで置き、

壁紙もすっかり替えて、

ハマり中であります。(後日アフターの画像を)








vivi


「おいっ、お前らっ!!くさったバナナは好きか?」


vivi


「俺は、こよなく腐ったバナナが好きだっ!!」


vivi


「人も犬も物も古いものはい~ぞ。」










私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







2014.05.13 / Top↑
先日、FCR loversの保護犬だった

ゴエモンが第二の犬生を歩き出しました。

それはそれは里親さん御家族に可愛がられ、愛され、本当に幸せそのもの。

go

ゴエモン改め

GOちゃんです。


go

月に一度、ドッグランで開催されている、合同レッスンに通っていただいているので、

その時に毎回会いに行っていますが・・・・

go

賢い、むちゃくちゃ賢い!!

何年も通っている上級者の中に交じって、普通にレッスンしてます。

保護犬時代に個別で2回レッスンしただけなのに・・・

抜群に頭の良い仔です。

教えたら教えた分の倍、吸収する能力を持っています。

でもって、性格もいうことなし&顔も可愛いし。

・・・というわけで、

りーたんから

GOちゃん先生と呼ばれています



・・・しっかし、久々こんな賢いワンコ見たなぁ~。






私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







2014.05.13 / Top↑
ブログさぼりまくりだったので、、、、怒涛の更新です(苦笑)



4月に

イチロー改め、

レオちん&ナッティーが恒例の、お里帰りをしにお泊りです。


nattey

甘ったれで、中身がお子ちゃまそのままの、レオちんのお母さん的存在として(と言っても、ナッティーと年は変わらないかと思われますが)
ナッティーそれはそれは、よくレオちんの面倒を見ています。

この仔は、本当に素晴らしい子で、決して攻撃的な素振りもしないし、所謂、他との相性が難しいと言われる子でも上手く付き合えます。

おしとやかでもあり、だけど遊ぶときには相手に合わせて、びっくりするようなはっちゃけかたも出来るパーフェクトな仔です。

reo

さてさて、24時間お花畑のこの方。

reo

相変わらず、お留守番は全く出来ませんが、

車に乗ることがトラウマになっていた(置いていかれる)のですが、すっかり克服!!

ポンと乗り、とっても御機嫌で乗車できるようになっていました。

私の姿が見えなくなると、わお~ん×2。ご飯の前にわお~ん×2。

まぁ、よく吠えますが(笑)

パパさんに愛情一杯かけてもらってるんでしょう、益々、蝶々が飛びまくっている性格になっていました(笑)


natty
reo
reo
reo

次の里帰りは夏かな?

・・・・楽しみです。







私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







2014.05.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。