上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
薄れていく人の関心・・・

東北地方太平洋沖地震発生から、1年4ヶ月。






昨年の7月18日。

陽が傾きかけても、まだ蝉が忙しなく鳴く暑い夕方に、ルジェ&ビビは福岡にやってきました。

早いもので、2匹を預かって、早1年の月日が経ちました。



搬送中も嘔吐下痢が止まらなかったルジェは、頭から身体まで汚れきっていて、

その傍らに座るビビもルジェの汚物で、勿論同じくグレーの毛色になっていて、

汚れきった身体に、ごつごつのアバラ、そこそこ強烈な異臭の2匹。



そして、姿勢を常に低く低くとり、一定の距離から近寄ろうとせず、視線を合わせようとしないビビに、

下痢と嘔吐が止まらず、ふらふらと耳を振り続け、直ぐに座り込むルジェ。

状況は聞いていたものの、そこそこ大変な2匹が来たと、この日は思いました。



翌朝一番で病院に行き、ルジェは入院しました。

現在27キロ、当時は19キロ台でした。

酷く痩せていて、両耳の内耳もつぶれ、頬には穴が4箇所も貫通していて、下痢に嘔吐。

このまま死んでしまうんじゃないかと、ふと思ってしまったりもしました。

ビビも当時は23キロ。現在30キロ。

ルジェ程ではないにしろ痩せてはいましたが、身体の問題より、心の問題を抱えていて、

何でもないことに悲鳴を一日何十回もあげられ、寝てもうなされ、目も合わせようともせず、

この子の笑う顔が見れる日が来ることがあるんだろうか、と思いました。



被災の恐怖、人間不信、目まぐるしく変わる環境、ルジェの入院。

ビビが、この広い世界で唯一信頼しているルジェが入院していない3日間は、どんなに不安だっただろう。

動物病院の帰り道、何度も立ち止まり振り返り、ルジェを探して動こうとしないビビ。

どうしても離せない2匹がいる・・・ということを、この時、本当に実感し、

多少大変なこともあるかもしれないけれど、2匹の絆の深さを目の当たりにし、

ルジェ&ビビの預かりの白羽の矢が、我が家に当たったことが、漠然と何か特別な縁があるように感じたことを覚えています。




入院中のルジェに、かかさず面会に行きました。

一日でも早く慣れてもらおうと、一日でも早く家に帰られるようにと。

たった前日の短時間の中で、彼は私をしっかりと覚えてくれていて、ステンレスのゲージが音が鳴り響く程に尻尾を振り続けて、嬉しそうに耳を倒して、笑顔で迎えてくれました。

ルジェは非常に頭の良い子です。

そして、誰よりも優しい子です。

体調が悪い自分より、きっと私を気使ってくれたんではないかと、今でも思います。



「もう大丈夫、何があっても守ってあげるから」

と、2匹には、この日から約束してあります。






この一年で、

共に過ごし、共に笑い、時に悩み、、、、

彼らより変わったのは、私かもしれません。

空を見上げる回数が随分と増えたような気がします。

絵画のような入道雲、青が眩しい夏の空、

澄み渡るような秋の空、

高く遠く感じる、冬の訪れを知らせる寒い空、

薄曇りの桜の蕾を映し出す春の空、

見上げてみれば空がある。

ルジェ&ビビが育った、福島の空に繋がっている。


上を向いて歩いていくこと。

明日を信じて歩いていくこと。

この小さな命の2匹から、改めて教わったような気がします。

rujye
bibi





~多くの命が消えた中で、生き抜いてくれて本当に有難う~

ルジェ&ビビに愛を込めて。










私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
スポンサーサイト
2012.07.20 / Top↑
とある日のドッグランで、

久しぶりに会った、イエローラブの男の子。

「バンビ~~、久しぶり~!!」


「おいっ、その男誰だっ!!」



「犬なのに名前が鹿だぞっ

「あいつラブラドールだぞっ!!」

「お前の好みって、うちの犬見たら黒か茶色の犬のはずだろ?あいつ白いぞ










またまたある日のドッグラン。

「ぶんた×2言いやがって、非常~に気分が悪いぞっ

「そいつカウベル付いてるけど、猟犬の部類じゃなくて、そもそも牛だろ

snap_ricarica_20127022440.png



ヒソヒソ・・・「男の嫉妬は醜いわねぇ~」

「だいたい、うちのママに嫉妬するなんて熟女好みなのかしら、あの子」

snap_ricarica_201270232123.png

「何だとぉ~聞こえてるぞ、この野郎!!」




「いやぁ~ねぇ、八つ当たりよ×2」

「こんな時は、るーちゃん、あれ出しちゃいなさいよアレ





必殺

snap_ricarica_201270234836.png





「どいつもこいつも馬鹿にしやがって~

「あいつの好みはなぁ、ダックスとかレトリバーが好きなんだろ?」
snap_ricarica_201270224226.jpg



この際だから、

この際だから、はっきり言っておくわ!!

snap_ricarica_201271028.png

「ビビ、あんたって何か勘違いしているみたいだけど・・・鹿の名前した男と同じ白い犬で、牛のような男と同じラブラドールレトリバーなのよっ!!」








「俺って、、、白い犬だったのか・・・」












私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
2012.07.16 / Top↑
いつもお世話になっている

「トリミングカフェ・リック」さんで
http://www.doubutsumura.net/lic/


ラグをサマーカットしてもらいました。

天使の羽バージョンです

rag

緊張感のない、このおっさん。

暴れる犬が多いのに、トリミング台でウトウトしていたと爆笑されました

rag

これからの季節、川遊びを得意とする我が家には、このカット非常~に助かります。

babu

ですが、今年16歳になるバブ爺ちゃんは、トリミングに出す長時間は負担が大きかろうと、私がちょいちょいバリカンで毛刈り中ですが、

バリカンの充電が持たなくて大苦戦中です


tea

問題は、この方。

足の裏のバリカンかけるのも一苦労。

ちょっと頑固な婆ちゃんになってきつつあります(苦笑)

飾り毛だけでも刈っておきたいところ・・・だって川遊びの後の車の中がフナの臭いがするティアラから









私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
2012.07.15 / Top↑
九州豪雨・避難勧告43万人に避難指示・勧告

死者22人に。

http://mainichi.jp/select/news/20120715k0000m040083000c.html



昨日は、雨でもへっちゃらとドッグランに出掛ける我が家も、福岡地方の雷の連続&雨量が半端じゃないことから断念したほどです。

大分地方の映像が流れ、河が氾濫した中、陸に上がろうとするゴールデンを見ました。男性がかけつけ陸にあげていましたが、あの子、、、間違いなく流されてきた子だよね。

その後、どうなったんだろう。

・・・いや、このゴールデンだけではなく、土砂崩れの犠牲になったり、濁流に飲まれた子もいるに違いない。

家が全壊・床上浸水している世帯も、今回はかなり多いはず。


「ペットどころではなくて・・・」

と、これから動物管理センター・各保健所に収容される子が多々現れないかと危惧している。










私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
2012.07.14 / Top↑
非常~にインパクト大な海外の動物愛護団体。

ごつい、いかつい、、、、でも、本気で真面目なペットレスキュー。


tattoショップ・バイクショップで知り合った8人だとか。

確か最年長の男性は当時77歳だったような・・・



こちらの動画、虐待情報を元にレスキューに駆けつけたようですが、

「a;@p/.\-^\%&#bd=~~・・・ピーーー」

ピーの禁止用語入ってます(笑)




個人的に、私は非常~~に好きですが。

何故なら、彼らの瞳は誰よりも優しい。












私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
2012.07.09 / Top↑
ソース
被災地動物情報ブログ


http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11287651775.html


震災を乗り越え、原発被害に合い、1年以上頑張ってきた命です。

給餌活動ボランティアさんが繋いできたといっても過言ではない、この原発区域。



飯舘村の保護活動をされている方のブログを拝見していても、飼い主さんは、元の自宅に犬・猫を放してある方も数多く、常時お腹がすいている子・水入れさえ空っぽの子が多い印象を受けます。
ましてや、避妊・去勢などしている子なんて、ほぼおらず、どんどん新しい命が誕生していっています。
飯舘村の仮設住宅はペット不可です。


ルジェ・ビビの保護地域は小高区。放浪期間は約4ヶ月。
飯舘・浪江・・・もしかしたら、住んでいたのはここらの区域の可能性もあります。

だから、

どうしても、どうしても、私の中では、原発地域の子達とルジェ・ビビが重なるのです。

もしかしたら、まだ彷徨っていたかもしれない。
逃げ惑う犬の1匹がビビだったかもしれない。道端に倒れていたのがルジェかもしれない。・・・そう思ってしまうのです。



テレビのニュースでも、めっきり被災地のことは放送されなくなりました。

忘れさられてしまうこと・・・それが一番の問題ではないかと思ったりします。



何も変わっていない、むしろどうしようもない環境下に置かれている、福島原発地域の動物達の現在を知って下さい。








ペットショップからではなく、この子達にも目を向けてあげてくれませんか?

区域編成に伴い、飯舘村長泥の地区は帰宅困難区域に設定されることとなりました。

出来る限り保護をして外に出してあげるのが一番です。

そのためには、里親さんになれるという方や、枠があるという団体の方が必要となります。




飯舘村・浪江町(津島)・葛尾村掲示板

http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=iwate1&mode=res&log=14








HOSHI FAMILY 2012-夏 警戒区域に残る動物たち
http://www.youtube.com/watch?v=AUpk0sn0gc4&feature=player_embedded


2012年夏、あれから1年半、忘れられた警戒区域のペット達、そこにはまだ500の犬と2000の猫が隠れながら、今でも飼い主を待ち生きています。

━─━─━─━─━─以上転載記事










私もメンバーです。
「フラット・コーテッド・レトリバーの単犬種保護団体」です。(ルジェ&ビビ預かり)

fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>

<div class=
2012.07.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。