上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
生きとし 生けるもの すべてのものたちに・・・ 幸せが降り注ぎますように・・・

xmas

xmas

xmas

MERRY XMAS








にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.12.25 / Top↑


写真の犬たちは、捨て犬として収容された施設で、殺処分を受ける運命にある犬たちです。名称は「動物愛護センター」ですが、施設では、犬の捕獲、不用犬猫の引き取り、殺処分を行っています。犬の年間殺処分数は8万頭(2008年度)以上にのぼり、1日200頭以上が殺処分されている計算になります。


センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター
センター


はいけい にんげんの皆さま

http://haikei.org/mb/indexm.html







にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


2011.12.22 / Top↑
前回の「セラピードッグ」の続編?!です。

そもそも7.8年前、こちら福岡では当時では、まだまだ認知度の低い「セラピードッグ」を何故知ったかというと・・・




hdf
http://www.hotdog-family.com/


現在ティアラがセラピードッグとして活動している、ホット・ドッグ・ファミリーの代表と知り合いになり、その活動に感銘を受けた




・・・とは聞こえがいいけれど(苦笑)

「うん、私もする!!」

と何気なく言ったのが最初(苦笑)

そして、偶然にも管理センターで収容されている1匹の犬に目が留まる。・・・それがティアラ。

そこから、全くもって躾のしの字も入っていないティアラを、まず松岡訓練所に預けた。

犬との暮らしは長いとはいえ、初の大型犬。しかもテンションマックスのフラット。

・・・素人の手では負えないレベルのティアラを預けて正解だったと今も思う。

そこから、私の意識も徐々に変わりつつあった。

「りーたんと一緒にセラピードッグ活動をさせてみたい。」

そんな想いが募っていく。

自立歩行が出来ない、りーたんは、どうしてもボランティアを受ける側の立場にいる。

セラピー活動でティアラとなら、りーたんがボランティアを提供する側に立てる。

りーたんの学校には、様々なボランティアさんが何らかの行事であったりと数多く来る。

そんな数々のボランティアを受けているからこそ、私には分からない視点で提供できるのではないか?とも思っている。

現在は、活動現場では私がハンドラーで、りーたんがハンドラーではないが、車椅子の彼女が、その場にいることで、お年寄りの方々には、ちょっとしたりーたん効果なるものも見られる。

りーたんの車椅子を押したくて、普段歩かないおばあちゃんが歩いたり、りーたんがリハビリをしていると知ると、自分も休まずに行こうと言ったり、、、、

・・・要は、りーたんには、勉強は出来なくとも、人の痛みが分かるそんな人間になってもらいたいし、多くの人に接してももらいたいし、広い世界を知って欲しい。





「セラピードッグ」

この活動に向いている犬は、、、

「人が何より好き」それが大基本だと思う。

私が、今まで多くの犬を見てきて、抜群に向いていると思ったのは、

fcr

http://fcrlovers.web.fc2.com/

現在、私が保護活動していてメンバーである、ラバーズの最初の預かりっ子

「ナッティー」

natty
natty

彼女は、肝も据わっているし、明るいし、とにかく優しい。(パン泥棒するけど

人の心の動きに敏感で、嬉しい時には、ここ一番ではしゃぐし、

哀しい時には、側に寄り添って、アイコンタクトをし続ける。

・・・と、ここまで素晴らしいワンコだったので、預かり当時りーたんのクラスメイトが亡くなり、精神不安定だった、りーたんにはナッティーの力を多く借りました。

(歳はとっておりますが(笑)ルジェも向いてます)




ラバーズだけでも何頭もの保護犬を見てきましたが、、、

個人放棄されたり、管理センターに収容されていたりと、決して恵まれた生活をしてきてなかっただろう彼らは、どの子も皆一様に優しく良い子で、、、、どうしてこんなことになっているか?

正直、私が分からない。




「セラピードッグ」

ティアラが引退した後も、私自身は、保護犬からセラピードッグを誕生させるつもりでいる。



今は、、、

ティアラとりーたんの未来への挑戦を見守っていきたいと思う。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村




2011.12.18 / Top↑
今晩のテレビで

セラピーホース

セラピードッグ

の特集が放送されていたので・・・


ローゼス

こちら、2010年に阿蘇で体験した

セラピーホースの「ローゼス」

今夜の放送でもあった通り(脳腫瘍による脳のダメージで左半身不随になった女の子が言葉・現在では立てるようになっていました)身体機能に障害を持つ、特に子供にとっては、これ以上にないリハビリだと私も思う。

セラピーホースは、その人が乗った瞬間に、その人に合った動きで歩行する。

ゆっくりした動作を訓練されているだけでなく、その人の心を読み取り、その人のことを思いやる・・・そういう心と優しさを持ち合わせている馬だと思う。

乗馬は左右前後に動く。

全身の筋肉を使い、普段使わない部分の筋肉を刺激し、体幹機能をアップさせる効果がある。

阿蘇でなく、近所にあれば、りーたんと間違いなく通っているだろう。





ティアラ

そして我が家の「ティアラ」

今日の特集のセラピードッグ

国際セラピードッグ協会

http://www.therapydog-a.org/

こちらの犬と同じく殺処分予定の犬だった。

動物管理センターの収容先で、私が直感でセラピードッグにしたいと感じた子、それがティアラ。

決して落ち着いてるわけでも、お利口さんなわけでもなかったし、、、

正直言えば、そのま逆。

・・・どうしようもない犬だった。

ただ、本当に何となく「この子は」と感じた。

どうしようもないティアラ、それを無理強いして最大限の能力を引き出してくれたのは

この方、ティアラの師匠・松岡所長

松岡警察犬・家庭犬訓練所

http://www.dogschool-matsuoka.com/

私を引きずり回す、りーたんを倒す、びょんびょん跳ねる、、、とんでもないティアラを目の前に

「セラピードッグにしたいので」

と、ここ一番の無茶ぶり&今世紀最大のお願いをした(苦笑)

笑顔で「ゆっくりとした動作を教えますね」と、、、言ってくれた松岡所長は神だと思う(笑)

そして、セラピードッグのトレーニングを8回受け、見事に追試も受け、試験を受ける。

奇跡の合格。

ティアラ

ティアラ

ティアラ

ティアラ

ティアラ

ティアラ

ティアラ

セラピードッグとはメンタルケアを必要とする人々の心と体の健康回復を促す介在動物療法の犬です。 日本では「動物介在治療(AAT)」と「動物介在活動(AAA)」の2つに分別されています。活動的にはほとんど違いはありませんが、「動物介在治療(AAT)」では医師や獣医の参加が不可欠で治療行為となり、治療プログラムの設定や患者の容態記録などが必要となります。「動物介在活動(AAA)」は医師や獣医の参加が無くても、受け入れ側の承諾があれば行えるレクリエーション的な活動です。
アメリカではセラピードッグによって痴呆の緩和、がん患者の延命、失言症の向上などが立証されています。
セラピードッグは人々に安心感を与え、老人介護やうつ病回復の動機付け、リハビリ効果の促進、人間性の回復、そして心のケアに大きく活躍します。グループ施設への効果のみならず地域住民、地域社会に貢献をするでしょう。

ティアラの資格は「AAA」



「痛み」を知っているからこそ、「人の痛み」が分かるのだと放送でも言っていたが、その通りかもしれない。

普段のティアラは、とてもセラピードッグですとは、小さな声でも言えない。

ドッグランでは、道行く自転車・歩行者を柵越しに追いかけ回し、犬にも強い。

何でも「アタシアタシ」

・・・まぁ酷い。

ただ、彼女の凄い能力は、

セラピードッグ活動になれば、楽しんで飽きることなくずっと活動する。

車椅子につく訓練をしていないのに、りーたんの車椅子に轢かれそうな程寄り添う。

りーたんの学校に迎えに連れていけば、身体の不自由な子供に合った接し方をする。

きっと、ティアラもセラピーホースと同じく、相手の心が分かるのかもしれない。




りか

脊髄小脳変性症・アプラタキシン欠損症という進行性の難病で、このタイプの病状の子供は日本では3人と言われ、代償機能がある大脳とは違い、小脳(小脳には代償機能がありません)の細胞が半分はダメージを受けているりーたんには、身体的な成長は厳しいと思っていた。

ところが、現在5メートル程、自分一人で歩く。

どんどん運動機能が伸びつつある。

一番最初のきっかけは、、、

ティアラにつかまって立つことだった。

その当時(幼稚園時代)ティアラが常時リハビリをしてくれていたといっても過言でないかもしれない。



りーたんとティアラの関係を見ていると、

相手の気持ちを分かち合おうとする心は、奇跡をも起こすこともあるのかもしれないとさえ感じる。





~素晴らしきパートナー・ティアラに感謝を込めて~















fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村









2011.12.15 / Top↑
犬や猫を飼いたい人はペットショップへ行く前に里親募集掲示板を見ましょう





ロケットニュース24からです。

http://rocketnews24.com/2011/12/06/159916/

もうすぐ今年も終わり、1月から引っ越しのシーズンが始まる。

引っ越し先はペット可の物件にして、動物でも飼うかな……とペットショップを検索している人はちょっと待って欲しい。

もうご存知の方も多いと思うが現在も里親募集の掲示板には、多くのブリーダーなどの身勝手な理由により、捨てられた猫や犬の情報が毎日多数投稿されているのである。

こういった掲示板に投稿される犬猫たちは現在一時的に保護団体などが預かっており、比較的人間に懐いているいるので飼いやすい場合が多い。

初めて動物を飼う人たちにも真剣に家族の一員として迎える気持ちがあるのならもちろん団体の人もアドバイスしてくれるので、ショップで買うよりも後で手厚いサポートを受けられる場合だってあるのだ。以下に里親として犬猫を貰う場合のメリットを記すので、ぜひ見て欲しい。




いつでも里親募集中

http://www.satoya-boshu.net/


それから、今回の被災犬も団体によっては、里親募集が始まっているところもあります。

個人放棄・愛護団体保護・管理センター処分の子・被災犬・・・この子達にも目を向けてあげてくれませんか?



ちばわん 愛護センターリポート

http://centrerep.exblog.jp/
私が、一日一回必ず目を通すブログです。
明日にはいない、、、その子の無念さを思って出来ることはないかと、いつも考えています。











rjye

現在預かり中の、福島原発地域からの被災犬「ルジェ」

彼はおじいちゃん。

子犬でもなければ、若くもないけれど、、、

ドッグランでは私の後をくっついて回り、これでもかってほど身体を摺り寄せて笑顔を見せる。私の手からでないと自分の御飯を食べようとしないし、いつまでもいつまでも私の話を聞き続ける。

子犬から一緒に生活していなくとも、たった4ヶ月と少しの日々で、こんなにも私を信頼してくれている。

・・・勿論、私は彼がたまらなく可愛いし、我が子同様愛している。

みんな子犬を飼いたがるけれど、歳をとった犬でも、お互い良きパートナーにもなれるし、深い信頼関係だって築くことが出来ることを多くの人に知って欲しい。




bibi

こちらも預かり中の被災犬「ビビ」

も、心に傷を持ち、この大震災をルジェと一緒に乗り越えてきた子。

彼も推定6、7歳と若い犬ではないけれど、来た当初に比べると見違えるように若々しくなってきた。

リードを噛み千切ったり、畳を掘ったり、お気に入りのうさぎのおもちゃで機嫌よく一人遊びしたり、テンション上がってキレ走りもするし、朝、私を起こすのを楽しみにしてる。遠慮がちにチューだったのがベロベロ舐め回すようにもなったし、、、日々子犬化している。

どんな経緯の子だって、私たちが目一杯の愛情と、共に過ごす時間と、多くの語りかけで、こんなにも彼らは信頼してくれる。







tea


我が家のワンコ

「ティアラ」

は管理センター殺処分ギリギリの子だったし、その当時で成犬だった。


rag

「バブ」

は、私が唯一子犬から一緒に生活している犬だけれど、この子らと何ら変わりはないし、

要は、パピーから育てようが成犬から育てようが全く変わりはないということ。

「ラグ」

は、個人放棄犬。

そして、

「りーたん」

は、入れ替わり立ち代りする預かりワンコとも、毎回いつの間にか信頼関係を築き、当たり前のように毎日を一緒に過ごしている。

彼女の魔法にかかれば、笑顔のない保護犬でも、気がつけば笑顔になっている。





どうぞ、、、


・・・どうか、保護犬やセンター処分犬、被災犬にも目を向けてあげて下さい。






fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村









2011.12.11 / Top↑
動物愛護法の改正を求める

「パブリックコメント」

の締め切りまで、あと一週間です!!



2分で出来るパブリックコメント

↓↓↓↓

公益財団法人どうぶつ基金さんより
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/




法を変える為には、多くの声が必要です。

皆様の御協力をお願いいたします。





fcr
http://fcrlovers.web.fc2.com/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


2011.12.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。