上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
引き続き、、、

fcr

FCR Lovers 九州メンバー募集!!

http://fcrlovers.web.fc2.com/

九州圏の一時預かりさん及びメンバーさん、

第一ケアの出来る方!

九州でレスキューが続いています。

お力を貸して下さいませ。


それから、レスキュー情報が頻繁に飛び交う中、ココ最近一番気になること。

あまりにも皆さん、迷子札・鑑札をつけていません。

鑑札

もし何かがあっても、お家に戻れるように、鑑札・迷子札を付けてください。

この子達の「命綱です」
スポンサーサイト
2010.08.31 / Top↑
fcr



FCR Lovers
http://fcrlovers.web.fc2.com/

ティアラと共に過ごすようになってから、やっぱり同じ犬種のフラットには特別な想いがあり、FCRのメンバーさんからの誘いもあって、九州メンバーとして登録しています。

ここ最近、九州でのフラットのレスキューが頻繁にあり、九州メンバーさんが少ないこと、また我が家は一時預かりは(我が家の決まりとして4定数制)出来ないため、四苦八苦している状態です。

これから先、ラグで飼い犬は少しお休みし、一時預かり出来る空席を空けようと考えています。

レスキューしても(引き出しや、引き取り)必ずしも元気で問題なしの子ばかりとは限りません。

出来ることなら、こちら九州でレスキューしたなら、こちらでその子に合った里親さんが決まるまでケアをしてあげたいのです。

そこで、

FCR Lovers 九州メンバー緊急募集!!

~ お問い合わせは  ~

件名:「九州地方」でお願いします。

toiawase@fcr-lovers.com

2010.08.31 / Top↑
mona

モナミの近況報告です。

私の管理不足の為、利き足側・後ろ足太もも部分に、床擦れが出来てしまい、、、、一時期は酷かったのですが、信頼できる獣医師のサポートもあり、ほぼ完治しました。

床擦れは、「作らないようにすること」、、、これしかないんですが。

今まで、どうにか膀胱炎にもならずに、床擦れにもならずにとやってきたのですが、

、、、完全な私の管理不足。

気がついた時には、あっという間に悪化してました。

2ヶ月程かかりましたが、床擦れは、気長に傷をカバーしながらケアしていくのが一番かな。

mona

そして、現在一番心配している症状が、「鼻血」

ちょうど一週間前に突然の出血。

その日、出血を繰り返していたので、病院へ。

レントゲンも撮りましたが、原因は不明。

鼻血は、高齢犬の場合腫瘍の可能性、歯の疾患などが多いらしいのですが、原因が分からないため、様子を見ながら、今は薬で処置しています。

そして、本日の夕方にも再度出血。

前回のように量は多くはありませんが、、、心配です。

モナミも、もう高齢。

今まで、目の治療、歯のオペ、保護された時の脊髄のオペなど、我が家では一番の病院通いです。

この子は、診療も大人しくさせてくれるし、トリミングもおりこうさんに出来るし、マイペースで穏やかな子です。

年をとれば、人も動物も、何かしら病気になったり、身体が弱くなったりと、様々な症状が出てきて当たり前でしょうが、こんなにも頑張ってきたいい子なので、辛いことにならないようにと願うばかりです。


2010.08.30 / Top↑
tea

セラピードッグとは



セラピードッグとはメンタルケアを必要とする人々の心と体の健康回復を促す介在動物療法の犬です。 日本では「動物介在治療(AAT)」と「動物介在活動(AAA)」の2つに分別されています。活動的にはほとんど違いはありませんが、「動物介在治療(AAT)」では医師や獣医の参加が不可欠で治療行為となり、治療プログラムの設定や患者の容態記録などが必要となります。「動物介在活動(AAA)」は医師や獣医の参加が無くても、受け入れ側の承諾があれば行えるレクリエーション的な活動です。
アメリカではセラピードッグによって痴呆の緩和、がん患者の延命、失言症の向上などが立証されています。
セラピードッグは人々に安心感を与え、老人介護やうつ病回復の動機付け、リハビリ効果の促進、人間性の回復、そして心のケアに大きく活躍します。グループ施設への効果のみならず地域住民、地域社会に貢献をするでしょう。



多くの人に、このセラピードッグの活動を知ってもらうために、改めて書きましたが、、、

ティアラが持っているのは「動物介在活動・AAA」


上記のセラピードッグの説明を読むと、、、堅苦しく、非常~に賢い犬を御想像になるかと思いますが

ティアラ、、、

アホです

ご存知の方も多いと思いますが、普段はジェントルリーダー(引っ張り防止)を付けて、散歩してます

もう隠す必要もないかと思いますので、正直に言いますと、犬社会不適合です

いつ落ち着くのかと、ママはティアラの老齢を楽しみにしております

皆さんのセラピードッグのイメージを、ことごとくブチ破っている犬です

「おおぉ~この子はいい

と、管理センターぎりぎりの殺処分から引き上げ、ママの直感を(セラピードッグにと)無理やり実現させた犬です

私の単なる主観ですが、「人が好き」であれば、だいたいの犬はレッスンを受ければ、成犬からでも、セラピードッグになれます。(ティアラは引き取り犬なので、成犬からのレッスンでした)

tea

先日は、前回も訪れた、大型老人ホームへ。

この日も、ティアラ1頭での活動でしたが、彼女にとっては皆さんからちやほやされ嬉しくて仕方のない様子ですが(苦笑)

癒しにいってるんだか?可愛がられにいってるんだか?

tea

2回目の訪問だったので、きはらさんと呼ぶ方も少なく(笑)@ティアラさんが「きはらさん」に

前回お会いできなかった方とは、改めてお話し、2回目の方は、「待ってたよ」と笑顔を向けられ、、、こういう時間は、普段は過ごしたくとも過ごせない貴重な時間で、りーたん共々、とても有意義に感じています。

tea

「私も昔は大きい犬を飼っててねぇ~」

と、亡き愛犬を脳裏に思い浮かべながら、目を細めて話す、おばあちゃん。

「今度、ティアラが来るときには、トロの刺身を買ってきてやる」

と、意気込む、おじいちゃん。

麻痺があって、手の動きが思うようにいかないけれど、何とかティアラを撫でてあげようとする、おばあちゃん。

この方々あっての、セラピー活動なんです。

需要がなければ、セラピードッグの資格を持っていても、何も動けない。

何でもいい、色んなことを語りかけてくださって、笑顔を向けてくれなければ、セラピー活動の意味をなさない。

一人でも、多くの方に、この活動を知って欲しい。

、、、これが、私の考えです。

tea

tea

それと同時に、私が目指すものは、ティアラが活動が厳しくなってきたときの(老齢で)次の世代のセラピードッグ育成(勿論、引き取り犬で)

もう一つは、今は現場に同行している(学校がないときは)りーたんですが、彼女自身がリードを持ち、彼女自身の言葉で、セラピードッグ活動をして欲しいのです。
、、、きっと、私なんかは比べ物にならないほど、いいセラピストになるはず

これが、私の目標かな
2010.08.18 / Top↑
言ってみるもんです。

聞いてみるもんです。

人との出会いは、偶然で必然。

aso

先日、阿蘇に泊まった帰りに、ふと目に留まった、ドライバーの人だかり、、、広大な牧場の柵ごしに、綺麗なサラブレットが、インストラクターさんと一緒にいました。

aso

後ろに見える、広大な牧場。

な、な、なんと東京ドーム32個分の広大な敷地の牧場。


「夢・大地」green valley

夢・大地

そして、こちらは「セラピーホース」の乗馬を行っているのです。

インストラクターさんに聞いてみると、脳性まひの子供さんや、自閉症の子供さん達にも乗馬を行っていますとのこと、、、


「突然ですが、乗れますか?」

と、無謀にも、思わず聞いたママ。





どうだっ!!

aso

乗っちゃいました

こちら、黒目が綺麗で、とても穏やかなセラピーホースの「ローゼス」

aso

ここの牧場のインストラクターさんのプロフェッシャルなところ

それは、

障害を持つ子供さんの対応が、子供のリハビリ訓練士さん並に慣れてらっしゃる。

その子供さんに合わせた、馬の扱い方、教え方が子供の目線で教えてくれる。

とにかく子供を褒める。

必ず、ローゼスに「有難う」と声をかける。

馬もセレクトされているように感じました。(ローゼスをと、馬舎にいるスタッフさんに言ってらっしゃたので)

aso

aso

そして、更なる、サプライズ!!

りーたん一人で乗せてみようと、インストラクターさんから提案が。

自立歩行が無理である子供を一人で乗馬。

馬が、ちょっとでも暴れれば事故になる。

ローゼスとインストラクターさんの信頼関係が、計り知れないほど強いものと感じました。

aso

aso

全身の筋肉を使う乗馬。

何より、生きている鼓動を感じることの出来る乗馬。

バランスが取り難い、りーたんには最高のリハビリにもなります。

aso

そして、間違いなくローゼスには、りーたんが身体が不自由であることが理解しているはず。

インストラクターさんの指示には、勿論従いますが、りーたんの様子を伺っている仕草が見られました。


今回一度のみの乗馬でなく、ちょっと阿蘇まで乗馬をしに通おうかなぁ~と思ってます。



ここで学んだこと、、、それは、受ける側も提供する側も、信頼関係あってこそのセラピー。

ローゼスとインストラクターさんには、あらためてセラピーの根本を教えてもらったような気がします。

セラピー活動に、少しでも関わっている以上、ローゼスとインストラクターさんの接し方、関わり方を少しでも学んでいきたいと思いました。

そして、乗馬は最高のリハビリ。

身体能力の向上にも、精神的な発達にも、もの凄く効果があると感じます。


「ローゼス!!また行きます!!」









2010.08.17 / Top↑
さて本編

marizon

今年も、沢山の学生ボランティアさんが参加して下さってます。

水陸両用の、この「車椅子で海水浴」の企画も、今年で3回目の参加です。

ワンコ総出の参加は、スタッフさん達にも印象的なようで

「あぁ~今年もいらっしゃい

と、ちょっとした顔なじみに

marizon

バブとラグと、一緒に乗るといってきかない、りーたんの我侭も、、、スタッフさん、ボランティアさんには、すんなり聞き入れてもらえます

marizon

marizon

marizon

車椅子は3台。

順番待ちには、彼女が大活躍

りーたんを、引っ張って泳いでいってくれるティアラ。

こんなときこそ活躍しよう(苦笑)

marizon

marizon

ティアラは、ライフジャケットなしでも全然平気で泳げますが、、、ここでは、2時間も3時間も泳ぎ続けるので、身体の負担が少なくなるように&りーたんを引っ張っていってくれるように、、、と、ライフジャケットを着せています。

marizon

靴底のような顔をしてますが、ここでは大人気

「ここにいる、どんな女の子より可愛い

、、、と、ある、お兄さんに真夏の蜃気楼を見させたほどです

marizon

marizon

marizon

marizon

marizon

marizon

ご覧の通り、スタッフさん、ボランティアさんの人数が多く、りーたん共々、ワンコも可愛がってもらえる、この素敵な企画

アクティブに遊ぶ、我が家には、非常に嬉しい、この企画

来年も、張り切って参加します



thanks for
博多フレンドホーム・スタッフさん、学生ボランティアさん、いらっしゃてた学校の先生、、、毎年有難うございます
2010.08.17 / Top↑
marizon

marizon

台風前の、曇り空。


カンカン照りが免れた、ちょっと、どんよりした空の下、、、今年もやってきました

「車椅子で海水浴」

この時期に、水陸両用の車椅子の海水浴ボランティア・イベントが行われていて、毎年ワンコも連れて参加しているので、ボランティアスタッフさんとは、すでに顔見知りに

今年は、モナミは床擦れの傷が、あと一歩の為、ドクターストップがかかり不参加。

ラグが初参戦です。

marizon

まずは、腹ごしらえ

ビーチ側のレストランは、テラスのみワンコオッケー

marizon

ランチにしました

marizon

曇り空でも、冷房なしのテラスでの食事は、、、暑い

ワンコ用に、お水のサービスもあります

marizon

シニアだからなのか(苦笑)非常に安心して食事がしやすいバブ。

marizon

忙しいおネエさんのウエイターさんに、いちいち愛想を振りまくティアラ

しかも、外出には必ずジェントルリーダー付き

、、、彼女が落ち着く日は来るのだろうか???????

marizon

我が家で、夏を初めて過ごすラグ。

今は、何でもが楽しくて仕方ない様子

marizon

marizon

 
次回は、本編です(笑)


2010.08.13 / Top↑
8月になりました

りーたんも夏休みに入りました、、、ママにとっては、、、拷問の季節です


我が家は、夏は水遊びラッシュ

hisayama

せっせと、足しげく川へ通います

今回は、モナミは、床擦れが出来てしまい、まだ完全に治りきっていないため、家でお留守番(ちなみに帰ってきたら、爆睡してました

hisayama

りーたんも、新しいラッシュガードで。

こうやって画像を見ると、手足が長くなって、少しお姉ちゃんっぽくなってきたなぁ~と実感

、、、来月で10歳になるもんね

hisayama

こちら初参戦のラグ。

きっと泳ぐのも初めて、、、斜めになりながら、、、正直泳ぐの下手です

hisayama

ラグの泳ぎの、あまりの下手さにライフジャケットを、バブから拝借

余談ですが、、、

長期預かり無期限だったラグ、正式に我が家の子と先日なりました。、、、めでたしめでたし

hisayama

手前に写ってるバブ、14歳ながら、この泳ぎ。

シルバーパワー炸裂です

hisayama

ティアラは、いつもの通り大はしゃぎ

さすが、フラット・コーテッド・レトリーバー

セラピードッグより、海上救助犬に向いているかと思われます(笑)

hisayama

hisayama

hisayama

hisayama

hisayama

hisayama

hisayama

りーたんに、ワンコぞろぞろ、、、ライフジャケットにタオルにと、、、移動だけでも一苦労なんですがこの笑顔を見ると、連れて行きたくなるんだよねぇ~

帰ってからも、りーたんにワンコにと洗わなくちゃならないけど、、、この季節ならではの遊び

今年も水遊びを満喫します


ps
夏休み前に貰ってきた、夏休みの宿題プリント。
7月が終わる頃には、さっさと終わらせていた、りーたん(意外にも勉強大好きなんです)
先日のサマースクールの登校で、追加してもらいました。



2010.08.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。