上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
キャッチフレーズは・・・

~誰か彼女を止めてくれ!!~@手の付けられない怪獣

rica

rica

元気が良いことは、素晴らしいことです

身体を動かすことは、幸せなことです

・・・でも、これ、犬のアジリティ道具です

babu

正しくは、バブの地味ぃ~な一人アジリティを参考にしましょう。





rica

歩行器で、スピード出すのは止めましょう

周りの、わんこが迷惑します

monami

正しくは、モナミの優雅な?!車椅子歩行を、お手本としましょう。





rica

rica

滑り台の、逆走禁止

介助するママの、腕が益々マッスルになります

ティアラ

正しくは、ティアラでも出来る一方通行を守りましょう。





りか

ティアラ

画像だけ御覧の皆様に、上手く伝わるかは不明ですがりーたんとティアラは、そっくりです

よく、りーたんの事を、女の子らしいですね・・・と、動かない画像のみで言われますが

・・・・・「誰か、彼女を止めてくれ!!」
スポンサーサイト
2009.04.28 / Top↑
先日、晴れ渡るような空だったので・・・

はとみさき

思いつきで、佐賀まで足を伸ばして、りーたん&ワンコ孝行

hato

やって来ました「波戸岬」

hato

hato

hato

ほ~ら、子供たちは、いい顔してるし

りーたんは、砂浜で、山を製作中

・・・一人?一匹足りません



hato

まだ4月というのに泳ぐと、聞かない彼女

hato

hato
hato

屋台が、立ち並ぶここ。

「さざえ」と「イカ焼き」を、その場で焼いてくれます

hato

一皿、イカ焼きをぺロリな、りーたん

hato

hato

夕方まで、青空の下、しっかりと遊び倒しました



リンクフリーです。御自由にどうぞ。
バナー
2009.04.23 / Top↑
臓器移植法の改正案を審議する衆院厚生労働委員会の小委員会は21日、医師ら6人の参考人質疑を行った。

 今国会で改正案を採決する機運が高まる中、参考人は現行法の問題点や改正案への賛否について意見を述べた。

 現行法については、〈1〉15歳未満の脳死臓器提供を認めていない〈2〉本人の生前の意思表示と家族の同意を求めており、提供条件が厳しい--などの問題点が指摘されている。これに対し、衆院には現在、年齢制限をなくし、家族の同意で提供可能にするA案、本人の意思表示など現行法の条件を維持し、提供可能年齢を12歳以上にするB案、脳死の定義を厳格化するC案--の3改正案が議員立法で提出され、ほかに新たな改正案の議論も進んでいる。

 参考人質疑では、旧国立小児病院小児医療研究センターの雨宮浩・元センター長が、移植医の立場から「臓器移植法の施行後も多くの患者が亡くなっている。提供数増加を期待できるA案を採用すべきだ」と訴えた。

 日本弁護士連合会人権擁護委員会の光石忠敬・特別委嘱委員は「脳死判定は厳格化すべきだ」とC案に同調し、本人の意思表示なしの臓器提供や、年齢制限の撤廃・引き下げには反対する考えを述べた。

 日本医科大の横田裕行教授は救急医の立場から、脳死判定を担う病院に対する人的支援を呼びかけた。大阪医科大の田中英高准教授は小児科医の立場から、小児の脳死判定の難しさなどを説明した。





議員立法で国会に提出されている三つの臓器移植法改正案について審査する衆院厚生労働委員会の小委員会が21日、開かれた。専門家ら6人が参考人として意見を述べ、質疑に応じた。現在認められていない14歳以下の子どもの心臓移植など脳死移植の増加を求める一方、脳死判定の難しさを指摘する意見や自己決定の尊重を求める立場からの反論が出された。

 参考人は意見陳述順に▽日本医科大病院の横田裕行副院長▽日本弁護士連合会人権擁護委員会の光石忠敬(ただひろ)特別委嘱委員▽国立小児医療研究センターの雨宮浩名誉センター長▽大阪医大の田中英高准教授(小児科学)▽海外で心臓移植を受けた青山茂利さん▽日本宗教連盟の斎藤謙次幹事。それぞれ約15分ずつ意見を述べ、各党の代表者からの質問に答えた。

 改正案は(1)脳死を一律に人の死とし家族の同意があれば年齢を問わず臓器提供を容認(A案)(2)提供年齢を現在の15歳以上から12歳以上へ引き下げ(B案)(3)脳死の定義を厳格化(C案)の3案。

 雨宮氏はA案を支持する立場から「(内閣府調査では)6割を超える人が家族の同意で提供していいと考えている。家族の同意だけで臓器を提供できるのがグローバルスタンダード。国際事情で(海外での)小児の提供は極めて困難になる」と述べた。

 一方、光石氏は「A案は多くのレシピエント(臓器を受ける患者)の利益のために少数のドナー(臓器提供者)の犠牲はやむを得ないという考え方に基づいている。日弁連はC案を支持する」と反論した。

 田中氏は、脳死判定後も脳波が戻った長期脳死の例を紹介。「小児科医は脳死判定を不安に思っている。判定には限界があることを国民に知ってもらった上で改正議論を進めてほしい」と訴えた。また、「家族の同意で提供が認められると、虐待による小児の脳死例が見逃される」と懸念を表明した。

 斎藤氏は「宗教や文化などを踏まえ総合的に検討すべきだ」と批判した。【関東晋慈、田所柳子】

 ◇脳死

 脳の全機能が失われ、二度と回復しない状態。臓器移植法は臓器提供をする場合に限り、脳死を「人の死」とする。法的脳死判定基準(対象6歳以上)は、(1)深い昏睡(こんすい)(2)瞳孔が開いたまま(3)脳幹反射の消失(4)平坦(へいたん)脳波(5)自発呼吸の消失--の5項目について、6時間以上の間隔で2回判定することを求める。6歳未満は旧厚生省研究班が2回の判定間隔を24時間以上とする基準をまとめている。一方、脳死判定後も1カ月以上心臓が停止しない患者もみられ、判定の難しさを指摘する声が出ている。

臓器移植
2009.04.22 / Top↑
クーが、この世からいなくなって、4月の最終日で4ヶ月の月日が経とうとしています。

rica

ku-

我が家のベランダで、とことこ歩き、こうやって外を眺めるのも、彼は大好きでした。

ku-

ku-

こんなに素敵な子と、巡り会うのは難しい。・・・今でも、そう思っています。

ku-

私は勿論ですが、りーたんも、クーのことを思わない日、一日もないように感じます。

いつもいつも、クーの名前が、彼女の話の中で出てきます。

ku-

私の視界に、必ず入っていたクー。

どこにでも、後を着いてきていたクー。

りーたんを、我が子と思っていたクー。

・・・そして、私を、全力で支え続けてきたクー。



今は、平日、クーの所へ、お参りに行くのが日課となりました。



「出逢い、別れ、そして出逢い。
それは、幾度となく繰り返され、今がある。
哀しみもいつか、心癒され、笑顔になれる日がくると
そんな風に思いながら、新しい今日を過ごしたい。」
2009.04.22 / Top↑
rica

3月に、二年間一緒だったクラスの友達、担任の先生と、お別れし3年生になりました

これは、終了式の時の写真です。

親友であり、ライバルだったAちゃんは、歩けるようになった為、他の学校に転校することとなり、担任の2人の先生も他の学校に赴任し、寂しくなりましたが・・・

rica

終了式では、お別れしなければならない、Aちゃんを思い、ワンワン泣き

でも、「頑張ってね」の握手で、お互いを励ましあい・・・

りーたんにとっては、いつまでも親友であり、ライバルであることでしょう。

rica

rica

たった5人の、少ない少ないクラスです。

でも、最高に明るくて、元気な素晴らしいクラスでした





rica

そして、無事に3年生になりました

進行性の難病のため、進級の喜びはひとしおです。

・・・毎朝、日にちを聞いてきます。

・・・毎朝、天気が気になります。

・・・毎日、学校での自分の仕事があるか楽しみにしています。

りーたんは日々、人より随分と、ゆっくりとしたペースではありますが、止まることなく進んでいます。

そして、誰より、毎日を精一杯楽しんでいます。

~進級、本当におめでとう!!~
2009.04.16 / Top↑
りんみるさんより

ブログ「りんりんみるく」

http://plaza.rakuten.co.jp/mablehome/diary/?

りーたんにと、素敵な贈り物が届きました

rica

いつも頑張っている、りーたんへ・・・
りーたんの心の中にいる、クーちゃんの走っている姿です。

・・・と。

rica

学校の皆に「可愛い」と言われ、届いた、その時から、肌身離さず

・・・嬉しくてたまらなかった様子です

rica

rica

天国に逝った、クーちゃんが一緒。

このことが、彼女には、とても安心なんです。

thanks for・・・りんみるさん
こんなに可愛い、愛情のこもったベストを、有難うございました。



御協力を、お願いいたします!!

浜松で100匹あまりのワンコレスキューが何年か前にありました。
この崩壊現場にビーグルの「りんちゃん」はいました。

りんちゃんは当時、チェリーアイ、フィラリア陽性、僧房弁不全弁膜症、肺動脈、フィラリアの死骸癒着による貧血、祖形ヘルニアと沢山の病を持っており、なかなか里親さんが見つかりませんでした。
そんな中、りんちゃんの里親さんになってくれた、りんみるさん。

フィラリアのせいもあり心臓も良くありません。もちろん治療費もかさみます。
生きたいと頑張る、りんちゃんに、りんみるさんは少しでも治療費の足しになればとワンコの洋服を作っています。

・・・どうぞ皆様、御協力をお願い致します。

2009.04.16 / Top↑
またまた

我が家を紹介してくれた、あられさんより、画像をお借りして

こーちゃん 幸多かれ(あられさんのブログです)

http://plaza.rakuten.co.jp/sachiookare/

dogfun

宣伝です

90ページ

「我が家の介護日記」というコーナーで、モナミが出ています

・・・御覧くださいませ。


ps,
ハイテンションの犬と暮す極意って・・・
まさしく、我が家のティアラと、人間ではございますがりーたんの為にある、特集記事
・・・一石二鳥な今月号

~あられさん、ライターOさんへ~
あられさんへ、素晴らしき出会いに心より感謝申し上げます。Oさんへ、心温まる記事を書いていただき、有難うございました。益々の御活躍をお祈り申し上げます。
2009.04.16 / Top↑
sakura

こちら、福岡では、もうサクラも葉桜になっております

一番、見ごろのサクラの中での、ドッグランの模様を

sakura

毎年、この季節になると、このドッグランを訪れて、春の日差しを楽しみます。

たんぽぽの花をアップに、りーたんを写してみました

sakura

「クーちゃんに・・・」
と、歩行器を降りて、たんぽぽを摘む、りーたん。

去年は、クーちゃんも、この日差しを楽しみ、草花の匂いを嗅いで、暖かな風を満喫していました。

・・・同じ風景で、彼の笑顔が見られないのは、本当に寂しい。

sakura

この日は、カフェの看板犬・グラッパの弟、そら君も一緒に

sakura

sakura

sakura

こちらの3ワンも、のんびりと遊び

sakura

帰り際に、13歳のピレネーのジュニア君も遊びに来ました。

ここまで来るには、カートに乗ってきています。

sakura

超大型犬で10歳を、とうに越えているジュニア君。

一周するのが、やっとです。

そして、これがリハビリです。

クーちゃんの分まで、長生きして欲しい。

来年も、ジュニア君とサクラが見られますように・・・心から願っています。

sakura

そして、この子達も、来年も、このサクラを見ながら、しっかりと大地を踏みしめられますように・・・

sakura

sakura

今年のサクラは、ちょっぴり切なく、そし、様々な願いのこもった花吹雪となりました。
2009.04.07 / Top↑
「WITH」

http://bellpapi1.blog16.fc2.com/

のmamiさんと

「今日のおふたりさん第三幕」

http://apawan220.blog43.fc2.com/

の大家さんが

fukuoka

わざわざ、愛知・岐阜より、来福

きっかけは、モナミ。
ブログを始めた3年前からの、お付き合いですが、いつも私、りーたん、ワンコを温かく見守って、応援してくれている方々

もう、逢いたくて、逢いたくて

rica

って、ことで、福岡って・・・
観光名所っていう、ここぞ!!がないんです

fukuoka

なわけで、福岡タワーに、ももち浜へと

りーたん、お二人に会った、しょっぱなは、極度に緊張し、能面状態

どうなることかと思いきや・・・

夕食を食べる頃には、パワー全開

遠慮もせずに、差し出された好物の海老を頬張りすっかり、昔からの知り合い?!状態

fukuoka

次の日は、ドッグランに、お付き合い頂き、カフェでランチを

fukuoka

お二人の、りーたんは乙女伝説は、見事に崩れ去り

現実を直視してもらいました

fukuoka

fukuoka

遠方から、わざわざ来て頂いたのに、りーたんの、お守りをする羽目になってしまったmamiさんと大家さん。

本当に、本当に有難うございました。

お二人、とても素敵な女性で、何もかもが憧れの女性像でした

来年は、名古屋喫茶店モーニングツアーを計画中

2009.04.05 / Top↑
私には、アートなことが好きな友人が数多く

また、私もアートなことが、こよなく好きなんです

・・・てなわけで、

「夜桜ゲリラ撮影会」

ほんの一部を御紹介です

sakura

いうなれば、現実逃避な、「アタシのお遊び」事です
2009.04.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。